Affinity: 明るさを変える「カーブ(トーンカーブ)」を使いこなす基礎知識

この記事は約4分で読めます。

高コントラストのカーブ

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、画像の明るさを変更できる「カーブ(トーンカーブ)」の使い方について解説していきます。

この記事の内容は、「Designer」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

使い方の基本

「カーブ(トーンカーブ)」は調整レイヤーとして実装されています。使い方の基本を見ていきましょう。

  1. 「レイヤー」スタジオの下部にある「調整レイヤー」アイコンをクリック。
    「調整レイヤー」アイコン
  2. 「カーブ」をクリックします。
    カーブ
  3. 最初は「カーブ(線)」が斜めの直線になっています。この「カーブ」をドラッグして動かすことで、画像の明るさを変えられます。
    カーブを動かす
  4. カーブによって画像の「(調整前の)色」は「調整後の色」で置き換えられます。カーブを上に動かせば明るい色に、下に動かせば暗い色に変化するわけです。
    カーブによって色が置き換えられる
  5. 要するに、カーブを元の位置より上にすると明るくなり、下にすると暗くなります。このことは「カーブ(トーンカーブ)」の機能を使う上でとっても重要です。ぜひ覚えておきましょう。
    明るくなる/暗くなる状態

ちなみに、カーブの背景にある「ヒストグラム(山)」は、画像の中にその明るさ(調整前の色)のピクセルがどれくらいあるかを示しています。これを参考にしてカーブを動かすと、狙いどおりの補正がしやすくなります。

実際に使ってみる

明るくする

カーブの形状

明るくなるカーブ

カーブ全体を元の位置よりにしたので、調整後の画像は全体的に明るくなるはずです。

調整の結果

調整前/後の比較

写真は、カラー・モノクロ共に明るくなっています。

モノクロ階調の画像を見ると、全体的に明るく持ち上げられているのがよく分かりますね。

暗くする

カーブの形状

暗くなるカーブ

カーブ全体を元の位置よりにしたので、調整後の画像は全体的に暗くなるはずです。

調整の結果

調整前/後の比較

写真は、カラー・モノクロ共に暗くなっています。

モノクロ階調の画像を見ると、全体的に暗く押し下げられているのがよく分かりますね。

コントラストを高くする

カーブの形状

高コントラストのカーブ

カーブは、暗い色の部分を元の位置よりに、明るい色の部分を元の位置よりにしました。これにより、暗い部分はさらに暗くなり、明るい部分はさらに明るくなります。

中間の明るさの部分が、元より広い階調で表示されるようになるので、調整後の画像はコントラストが高くなる(明るさのメリハリが強くなる)はずです。

調整の結果

調整前/後の比較

写真は、カラー・モノクロ共にコントラストが高くなっています。

モノクロ階調の画像を見ると、中央部分の階調で明暗の差が大きくなってコントラストが高くなっているのがよく分かりますね。

コントラストを低くする

カーブの形状

低コントラストのカーブ

カーブは、暗い色の部分を元の位置よりに、明るい色の部分を元の位置よりにしました。これにより、暗い部分は明るくなり、明るい部分は暗くなります。

中間の明るさの部分が、元より狭い階調で表示されるようになるので、調整後の画像はコントラストが低くなる(明るさのメリハリが弱くなる)はずです。

 

調整の結果

調整前/後の比較

写真は、カラー・モノクロ共にコントラストが低くなっています。

モノクロ階調の画像を見ると、中央部分の階調で明暗の差が小さくなってコントラストが低くなっているのがよく分かりますね。

破壊的な明暗にする

カーブの形状

めちゃくちゃのカーブ

カーブは、元の位置を完全に無視して配置しました。

明るい色・暗い色が何度も繰り返されるので、調整後の画像はギラギラした色になるはずです。

調整の結果

調整前/後の比較

カラー写真は、かなりメチャクチャで破壊的な状態になっています。

モノクロ写真は、金属感のある雰囲気になったので、そういう加工として使えるかもしれません。

モノクロ階調の画像を見ると、階調がグチャグチャになって原型をとどめていないのがよく分かります。

まとめ

例では、「マスター」のカーブしか編集しませんでしたが、「赤」「緑」「青」それぞれのカーブを別々に編集することもできます。

最初は「カーブ(トーンカーブ)」は取っ付きにくいかもしれませんが、動作の原理がわかれば非常に柔軟な編集ができる機能です。ぜひ使いこなして下さい。

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました