Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる

この記事は約3分で読めます。

Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、自作した素材を簡単に使い回せるようにする「アセット」の使い方について書いていきます。

同じような素材をよく使うという人は、この「アセット」を使えば、大幅に時間短縮&労力削減ができますよ。

この記事の内容は、「Designer」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

基本的な使い方

「アセット」の基本的な使い方について書いてきます。この項だけを読めばとりあえず使えるようになります。

ちなみに、「アセット(asset[s])」は英語で「財産」という意味のようです。

素材を登録する

  1. ベクターでアイコンを作りました。このアイコンを使い回せるようにアセットに登録してみましょう。
    Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる
  2. 「アセット」スタジオがない場合は、メニューの「表示(ビュー)」→「スタジオ」→「アセット」の順に進み、表示します。
    Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる
  3. 「アセット」スタジオが表示されました。
    Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる
  4. 「レイヤ」スタジオから、アセットに登録したいレイヤーを選びます。今回は「グループ」を選びます。
    Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる
  5. 「アセット」スタジオの中にある「≡(メニュー)」をクリック。
    Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる
  6. 選択範囲から追加」をクリック。
    Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる
  7. 「アセット」に追加できました。
    Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる
キャンバス上からレイヤーを「アセット」スタジオに「ドラッグ&ドロップ」して、追加することもできます

素材を読み込む

  1. 「アセット」スタジオにある素材を、キャンバスに「ドラッグ&ドロップ」します。
    Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる
  2. キャンバスに素材を読み込めました。
    Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる
「アセット」スタジオで素材をダブルクリックすると、カーソルの形が変化して、キャンバス上のクリックした場所に素材を配置できます

その他の操作

「アセット」に関するその他に操作についても、簡単に説明しておきます。

スタジオのメニュー

Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる

「アセット」スタジオの右端にある「≡(メニュー)」をクリックして表示します。

新規カテゴリの作成・カテゴリ名の変更・カテゴリの削除

カテゴリの「作成」「名前変更」「削除」を行います。

サブカテゴリの作成

表示中のカテゴリの中に、サブカテゴリを作成します。

アセットのインポート/エクスポート

Affinity 専用のアセットファイルを「読み込み(インポート)/書き出し(エクスポート)」できます。アセットのバックアップを「復元/保存」する時に使います。

現在のドキュメントに埋め込み

オンにすると、Affinity 専用ファイル(.afphoto等)に保存する時に、そのファイルの中にアセットを埋め込みます。

つまり、編集に使った PC とは別の PC でそのファイルを読み込んだ時に、「アセット」をインポート(読み込み)できます。

リストとして表示

各素材がリスト形式で表示され、名前も表示されるようになります。

サブカテゴリのメニュー

Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる

各アセットの右端にある「≡(メニュー)」をクリックして表示します。

名前の変更・削除

サブカテゴリの「名前を変更」「削除」ができます。

上/下へ移動

サブカテゴリが複数ある時、そのサブカテゴリの表示位置を移動できます。

選択範囲から追加

選択しているレイヤー(素材)を、サブカテゴリに追加します。複数をまとめて追加することもできます。

素材の右クリックメニュー

Affinity: 作った素材を「アセット」に登録すれば簡単に使い回せる

素材の上で「右クリック」をして表示します。

名前の変更・削除

素材の「名前の変更」「削除」ができます。

素材の「名前」は、カーソルを合わせた時(ツールチップ)、または「リストとして表示」した時に表示されます。

初期設定では、素材の名前は登録した「レイヤー」の名前と同じになっています。

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました