Affinity Designer: ブラシでカーブ(パス)を描く時のパラメータを理解する

この記事は約3分で読めます。

オフセット

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

今回は、この Affinity Designer で、ブラシでカーブ(パス)を描くときに、ブラシの「パラメータ」を変えると描画がどのように変化するかを見ていきます。

パラメータの意味を理解すると、カーブに細かなニュアンスを与えられるようになりますよ。

スポンサーリンク

カーブをブラシで描く方法

カーブをブラシで描く方法は下記の記事で紹介しています。先にこちらの記事を読むと、本記事の内容が分かりやすくなります。

Affinity Designer: カーブ(パス)の線を手描き風にする方法

境界線のプロパティを表示する

カーブの描画に使うブラシのパラメータの変更は、境界線のプロパティから行います。

  1. 画面上部にある「境界線」→「プロパティと進みます。
    プロパティ
  2. 境界線のブラシ設定が開きました。
    カーブのブラシ設定
「ブラシ」スタジオから、変更したいブラシをダブルクリックしても同じ画面を開けます

パラメータによる描画の違い

カーブのブラシ設定

上のような画面で、パラメータを変えると描画にどのような変化が出るのか、実際の例を見ていきましょう。

ブラシ幅

ブラシの大きさ(サイズ)を変更できる項目です。これは誰でも分かると思うので省略します。

サイズの許容誤差

サイズの許容範囲

筆圧によるブラシの「サイズ」が変化する範囲を指定できます。

値が大きくなるほどサイズの変化が大きくなります。

不透明度の許容誤差

不透明度の許容範囲

筆圧によるブラシの「不透明度」が変化する範囲を指定できます。

値が大きくなるほど不透明度の変化が大きくなります。

本体

本体

ブラシによる線の描画方法から選べます。

「ストレッチ」は、ブラシの形状を引き伸ばすことで、始点から終点まで1回で描画します。
「繰り返し」は、ブラシの形状を等倍で使い、始点から終点まで繰り返して描画します。

コーナー

コーナー

「シャープ」のノードによってできる角(コーナー)の処理を選べます。

「フォールド」は、角が直線的に処理します(≒ベベル結合)。処理が適用されるのは角の角度が90度未満のときです。
「オーバーラップ」は、角がある毎にブラシの先端を置き直すように処理します。処理が適用されるのは角の角度が90度以下のときです。
「プル」は、角が円形に処理します(≒ラウンド結合)。

オフセット

オフセットの設定

カーブを描くときに、ブラシのどの部分を使って描画するかを選べます。

「ストレッチ」や「繰り返し」の始点部分の「ヘッドオフセット」と、終点部分の「テールのオフセット」の位置をそれぞれ指定できます。

右端にある「値」はブラシ全体のサイズです。オフセットの値はこのサイズ以下で設定する必要があります。

オフセットの設定は、赤い点線を直接ドラッグして変更することもできます。

オフセット

「ヘッドオフセット」より左側と「テールのオフセット」より右側は、カーブの始点と終点にそのまま描画されます。

 

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました