Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む

この記事は約2分で読めます。

Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、テキストの中にレイヤーを埋め込む方法について書いていきます。

この記事の内容は、「Designer」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

サンプル用レイヤーの作成

Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む

上図のように、「長方形(シェイプ)」と「テキスト」を使って「F1」キーを作りました。

これをサンプル用のレイヤー(オブジェクト)として使うので、「コピー」しておきます。

テキストの中にレイヤーを埋め込む

  1. 新しいテキストを作って、文字を入力します。
    Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む
  2. Ctrl + V キーを押すと、先ほどのレイヤーがテキスト内に貼り付けられます。
    Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む
  3. もちろん、後ろにテキストを追加することもできます。
    Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む
  4. 貼り付けたレイヤーは、文字と同じようにテキストの中に埋め込まれているので、前のテキストを消すとちゃんと前に詰められます。
    Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む
  5. 「レイヤ」スタジオを見ると、貼り付けたレイヤーの右端には「インライン表示」アイコンが付いているのが分かります。
    Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む

テキストに埋め込んだレイヤーは、通常と同じように再編集できます。

今回は、自分で作成した「シェイプ」を埋め込みましたが、「画像」「ピクセル」など他の種類のレイヤーも埋め込めます。(「テキスト」レイヤーをテキスト内に埋め込むなんてことも可能)

ちなみに……

Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む

例では、「テキストフレーム」にレイヤーを埋め込みましたが、アウトライン(パス)上に配置したテキストにも同じように埋め込めます。

アウトライン(パス)上にテキストを配置する機能は「Designer」「Publisher」で使用できますが、「Photo」もバージョン1.9以降で使用できます

「Publisher」は細かい設定が可能

テキスト関連に強い「Publisher」では、テキストに埋め込んだレイヤー(インライン表示のオブジェクト)の設定を変更できます。

  1. 「レイヤ」スタジオにある、「テキスト内にインライン表示」アイコンをクリック。
    Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む
  2. すると、「ピン留め」スタジオが表示されます。ここで、「ベース位置」「オフセット」など細かい設定ができます。
    Affinity: レイヤー(オブジェクト)をテキストの中に埋め込む

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました