Affinity: 2つの「カーブ」レイヤーをつなぐ(結合する)

この記事は約2分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

今回は、この Affinity Designer で、2つの「カーブ」レイヤーの端をつないで1つのカーブにする(結合する)方法について書いていきます。

この記事の内容は「Photo」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

サンプル用キャンバス

今回のサンプルとして使うキャンバスです。

  1. 「カーブ」レイヤーを2つ作りました。
    キャンバスとレイヤーの状態
  2. 2つのカーブには「境界線」を設定してあり、「終了位置」に曲線状の矢印を付けています。
    境界線の設定状態

操作手順

カーブをつなげる

2つのカーブの端をつなげてみましょう。

  1. 「カーブ」レイヤーを2つとも選択します。(Ctrl または Shift キーを押しながらレイヤーをクリック)
    キャンバスとレイヤーの状態
  2. 「ノード」ツールを選びます。
    Affinity Designer ノード ツール
  3. Shift キーを押しながら、つなぎたいカーブの端にある2つの「ノード」をクリックして選択します。(「ノード」の色が青色になればOK)
    ノードを選択
  4. 上部にある「カーブを結合」ボタンをクリックします。
    Affinity カーブを結合
  5. 2つのカーブがつながり、1つのカーブになりました。
    キャンバスとレイヤーの状態
  6. ちなみに、選ぶ「ノード」を変えると……
    ノードを選択
  7. カーブのつながる位置が変わります。
    キャンバスとレイヤーの状態

つなげたカーブ(矢印)の向きを変える

カーブをつなげた後に、引き継がれた矢印の向きが思い通りでない場合は、簡単に修正できます。

  1. 前項の方法で1つにつなげた「カーブ」レイヤーです。赤色の「ノード」がカーブの終了位置なので、左側にあるカーブの端に矢印が付いています。この「カーブ」レイヤーを選んで……
    キャンバスとレイヤーの状態
  2. 上部にある「カーブを反転」ボタンをクリック。
    Affinity カーブを反転
  3. カーブの「開始位置」と「終了位置」が入れ替わり、矢印の位置が変わりました。
    キャンバスとレイヤーの状態

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました