スポンサーリンク

Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る

この記事は約2分で読めます。

Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、フチ取りの付いた中が透明の文字「中抜き文字」を作る方法について書いていきます。

この記事の内容は、「Designer」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

「レイヤーエフェクト」だとできない

  1. キャンバスはこんな感じ。テキストが配置されて、背景はボーダーになっています。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  2. 「レイヤーエフェクト」を使って、テキストにアウトラインを適用します。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  3. テキストにフチ取りが付きました。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  4. テキストの色(塗りつぶし)の不透明度を下げていきます。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  5. テキストが透ける気配がありません……。(実際は透けているけど、アウトラインの色が下にあるためこうなってしまう)
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  6. すでに嫌な予感がしますが、不透明度を「0%」まで下げます。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  7. テキストが……消えた?! どうして……?
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る

この「レイヤーエフェクト」の挙動が、仕様なのか不具合なのかよく分かりません。ただ、できないのは事実です。

「境界線」を使えばOK

  1. 先ほどと同じキャンバスです。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  2. 「ノード」ツールを選択。
    Affinity Photo ノードツール
  3. 「テキスト」レイヤーに「境界線」を適用します。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  4. テキストに境界線が付きました。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  5. テキストの色(塗りつぶし)の不透明度を下げていきます。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  6. 今度はちゃんとテキストが透けています。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  7. さらに、不透明度を「0%」まで下げます。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る
  8. 中抜き文字ができました。
    Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る

ちなみに、テキストの色(塗りつぶし)を「透明色」にしても同じ結果になります。透明色は、カラーピッカーの近くにある「🚫(白地に赤い斜線)」をクリックすると得られます。

Affinity Photo: 中抜き文字(フチ取り&中が透明)を作る

これで安心して寝られます。すやぁ……

コメント

タイトルとURLをコピーしました