Affinity: 「レイヤー」を「ファイル」とリンクして内容を自動更新する

この記事は約3分で読めます。

リソースマネージャー

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀なAffinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、「レイヤー」を「ファイル」とリンクさせる方法について書いていきます。

この方法を使えば、「ファイル」の内容を変更したときに、「レイヤー」の内容も自動で変更できるようになりますよ。

この記事の内容は、「Designer」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

使い方

「レイヤー」を「ファイル」とリンクする

  1. このような「画像」を作成しました。
    エクスプローラー
  2. この「画像」を Affinity Photo のキャンバスにを配置しました。「画像」レイヤーとして表示されているのが分かります。
    キャンバスの状態とレイヤー構造
  3. さらに、同じ「画像」を2つ追加しました。
    キャンバスの状態とレイヤー構造
  4. メニューの「表示」→「リソースマネージャーと進みます。(Publisher は、「ドキュメント」→「リソースマネージャー」)
    リソースマネージャー
  5. 先ほど追加した「画像」レイヤーがあります。すべて選択しましょう。
    リソースマネージャー
  6. リンクを作成」ボタンをクリック。
    リソースマネージャー
  7. 「配置」の表示が「リンク」になりました。「画像」レイヤーが、もとのファイルとリンクされた証拠です。
    リソースマネージャー

「ファイル」の変更を「レイヤー」に反映する

  1. ファイルの内容を変更しました。
  2. すると、Affinity Photo で「リンクリソースが変更されました」という表示が出ます。画像ファイルの変更を検出したわけです。
    リンクリソースが更新されました
  3. 「リソースマネージャー」を開いて、内容が変更された「画像」レイヤーを選択します。(リンク先が同じレイヤーはまとまっているので、一番上を選択するだけでOK)
    リソースマネージャー
  4. 更新」ボタンをクリック。
    リソースマネージャー
  5. 「画像」レイヤーの内容が、変更したファイルの内容に変わりました。
    リソースマネージャー
  6. もちろん、キャンバス上の「画像」レイヤーの表示も変わります。
    キャンバスの状態とレイヤー構造

知っていると便利なこと

最初から「リンク」で配置する

配置ポリシー

キャンバスに「画像」ファイルを配置するときは「埋め込み」になります。

最初から「リンク」にしたい場合は、メニューの「ファイル」→「配置ポリシーから選択できます。(Designer・Publisher は、メニューの「ファイル」→「ドキュメント設定」にある「画像配置ポリシー」から選択)

新規ドキュメント」を作るときも、「画像配置ポリシー」から同じ設定ができます。

リンクするファイルを変える

リソースマネージャー

ファイルの名前が変わった時などは、「レイヤー」とリンクする「ファイル」を変更(置換)できます。

リソースマネージャーで、「画像」レイヤーを選択して「置換」ボタンを押すと、リンクするファイルを選び直せます。

リンクを使えるファイル形式

例では、「画像」ファイルをリンクしましたが、他にも下記の形式のファイルで同様のことができます。

  • Affinity ファイル(.afphoto .afdesign .afpub)
  • Photoshop ファイル(.psd .psb)
  • Illustrator ファイル(.ai)
  • svg
  • eps
  • Freehand
  • PDF

関連記事

Affinity Photo:「afphoto」ファイルを埋め込んで内容を編集する

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました