Affinity: 選択中のレイヤーを「レイヤー」スタジオに表示させる

この記事は約3分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀なAffinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、選択中のレイヤーを再び「レイヤー」スタジオに表示させる方法について書いてきます。

文章だけだと何を言っているかよく分からないと思うので、画像付きの解説を見て下さい。

この記事の内容は「Designer」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

地味に困る選択レイヤーの表示

  1. キャンバスに大量の「長方形」レイヤーがあります。
    キャンバス
  2. 「レイヤー」スタジオの状態はこんな感じ。
    「レイヤー」スタジオの状態
  3. 「移動ツール」でキャンバス上の「緑」レイヤーをクリックして選びます。
    カーソルでレイヤーを選ぶ
  4. すると、選んだ「緑」レイヤーが「レイヤー」スタジオに表示されます。
    選んだ「レイヤー」が表示される
  5. 理由あって「レイヤー」スタジオをスクロールさせました。そのため、「緑」レイヤーは画面外に行ってしまいました。
    「レイヤー」スタジオの状態
  6. 選択中の「緑」レイヤーを「レイヤー」スタジオに表示させるため、もう一度「緑」レイヤーをクリックします。
    同じレイヤーをもう一度選ぶ
  7. しかし、「レイヤー」スタジオの状態は変わらず……。
    「レイヤー」スタジオの状態

この場合、選択中の「緑」レイヤーをもう一度「レイヤー」スタジオで表示するには、一旦「緑」レイヤーの選択を外して、改めて「緑」レイヤーを選ばなくてはいけません。

地味に面倒くさいです。

解決方法

  1. すでに「緑」レイヤーが選ばれて、「レイヤー」スタジオに表示されている状態です。
    選んだ「レイヤー」が表示される
  2. 「レイヤー」スタジオをスクロールして、「緑」レイヤーが画面外に行ってしまいました。
    「レイヤー」スタジオの状態
  3. ここで、キャンバスにある「緑」レイヤーの上で「右クリック」→「レイヤーパネル内で検索」と進みます。(ショートカットは、Win:Ctrl + K キー、Mac: + K キー)
    レイヤーパネル内で検索
  4. 「レイヤー」スタジオに選択中の「緑」レイヤーを再び表示できました。
    選んだ「レイヤー」が表示される

ものすごく地味な小技ですが、編集中にちょくちょく起こり得ることなので、ショートカットの Ctrl + K キー(Mac: + K キー)は覚えておいて損はないです。

スタジオのレイヤー表示のオン/オフ

キャンバス上で「レイヤー」を選ぶと、「レイヤー」スタジオが自動スクロールして選んだ「レイヤー」が表示されますが、この挙動は「オン/オフ」を切り替えられます。(初期設定は「オン」)

  1. メニューの「編集」→「環境設定」と進みます。(ショートカットは、Win:Ctrl + キー、Mac: + キー)
    メニューの環境設定
  2. ユーザーインターフェース」をクリック。
    Affinity Photo 環境設定 ユーザーインターフェース
  3. 選択項目をレイヤーパネルに表示」のオン/オフを切り替えます。(オンにすると「レイヤー」スタジオに表示されます)
    選択項目をレイヤーパネルに表示
環境設定でこの機能をオフにしても、前項の「レイヤーパネル内で検索(Win:Ctrl + K キー、Mac: + K キー)」は使用できます

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました