Affinity: フチ取りの「境界線」と「アウトライン」は微妙に挙動が違う

この記事は約4分で読めます。

画像レイヤーでの違い

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

今回は、この Affinity Designer でフチ取りを付けられる2つの機能、「境界線」と「アウトライン」の違いについて見ていきます。

この記事の内容の多くは、「Photo」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

「境界線」と「アウトライン」

境界線

境界線の設定

「境界線」は、ウィンドウ上部から設定できます。

「境界線」は基本的にベクターレイヤーに付けるものです。

「Designer」であれば「アピアランス」機能を使って、1つのレイヤーに複数の「境界線」を付けられます。

Affinity Designer: 「アピアランス」で色々なデザインのカーブを作る
こんにちは、さち です。 今回は、この Affinity Designer の「アピアランス」を使って、色々なデザインのカーブを作っていきます。

アウトライン

レイヤーエフェクトの設定

「アウトライン」は、「レイヤーエフェクト」から設定できます。

「結合(角)」はラウンド結合で固定されていて変更できません。

ちなみに、下記の小技を使うことで、1つのレイヤーに複数の「アウトライン」を付けることもできます。「アピアランス」を使えない「Photo」「Publisher」では有効な小技です。

Affinity Photo: フチ取り(アウトライン)を何重にも付ける
こんにちは、さち です。 Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。 今回は、この Affinity Photo で、テキストにフチ取り(ア...

基本機能の違い

「境界線」と「アウトライン」の基本機能の違いは下記の表のとおりです。

「境界線」の方が高機能だと思っておけば大丈夫です。

境界線 アウトライン
実線 ○ ○
破線(点線) ○ ×
ブラシ風の線 ○ ×
ラウンド結合 ○ ○
ベベル結合 ○ ×
マイター結合 ○ ×
重なり順序の変更 ○ ×
矢印の付加 ○ ×
筆圧調整 ○ ×

「境界線」は、「破線(点線)」にしたり「ベベル結合」「マイター結合」によって角をとがらせたりでき、デザイン上大きな差になります。

また、「矢印の付加」は矢印を描くのに非常に役立ちます。詳細は下記の記事を参照して下さい。

Affinity Photoで曲がりくねった矢印を簡単に描く
こんにちは、さち です。 Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。 この Affinity Photo には、矢印の形を描ける「シェイプ」...

挙動の違い

「境界線」と「アウトライン」は、適用する「レイヤー」によって微妙に挙動が異なります。

シェイプ(図形)レイヤー

シェイプレイヤーでの違い

境界線

「ベベル結合」「マイター結合」にすることで、角のフチ取りをとがらせることができます。「ラウンド結合」にすると丸められます。

ただし、これは「境界線」の仕様が原因なので、他のレイヤーでも起こります。

アウトライン

角の処理は「ラウンド結合」で固定されていて、変更できません。

ただし、これは「アウトライン」の仕様が原因なので、他のレイヤーでも起こります。

カーブレイヤー

カーブレイヤーでの違い

閉じていない塗りつぶしなしにした「カーブ」に対して適用していきます。

境界線

「カーブ」の線を描くために「境界線」を使うので、ここにフチ取りを付けるには複数の「境界線」を描ける「アピアランス」機能が必要です。「アピアランス」は Affinity Designer でのみ使用できます。

また、フチ取りの線端の処理は「ラウンド」「バット」「スクエア」のいずれにしても、「エフェクト」のものと異なります

アウトライン

2本目の「境界線」は1本目の「境界線」に重なって描かれますが、「アウトライン」は「境界線」の周囲に付きます

例えば上図のフチ取り(ピンク色の線)の太さは、「境界線」では黒色の線の幅の3倍である「30px」で描いていますが、「アウトライン」では黒色の線と同じ幅の「10px」で描いています。

テキストレイヤー

テキストレイヤーでの違い

「文字」スタジオで、「背景色」をグレーにした「テキスト」に対して適用していきます。

境界線

フチ取りは「文字」に対して行われます。

アウトライン

フチ取りは「テキストエリア」に対して行われます。(「背景色」が透明なら、フチ取りは「文字」に対して行われる)

画像レイヤー

画像レイヤーでの違い

透過付きPNG の「画像レイヤー」に対して適用していきます。

境界線

透過部分を含む画像レイヤー全体に対してフチ取りが付きます。

アウトライン

透過部分は含まず、描画範囲に合わせてフチ取りが付きます。

ピクセルレイヤー

ピクセルレイヤーでの違い

境界線

ピクセルレイヤーはベクターではないので、そもそも適用できません

アウトライン

描画範囲に合わせてフチ取りが付きます。

まとめ

見た目には非常に近い「境界線」と「アウトライン」ですが、処理方法が微妙に違うことが分かったと思います。

個人的には、レイヤーエフェクトの「アウトライン」でも、角の処理を「境界線」のように「ベベル結合」「マイター結合」を選べるようにして欲しいです。

両者の特徴と違いを理解して、目的にあった方を使い分けるようにしていきましょう。もちろん、同時に両方を使うのも良い方法です。

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました