Affinity Designer: 「Illustrator」未経験者のための超基礎的な使い方(1)

この記事は約4分で読めます。

Affinity Photo ロゴ

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

ただ、Illustrator は Photoshop と違って安いサブスクがなく月額3,000円くらいしますし、一般向けの廉価版もなく、Illustrator 未経験のまま Affinity Designer を使う人も多いと思います。

そういう人の一部は、ベクター編集の基本が分からず、Affinity Designer の使用をあきらめてしまうかもしれません……。

良いアプリなのに、そんなのはもったいない!

そこで今回は、Illustrator 未経験者の人を対象として、Affinity Designer の基本的な使い方と流れについて書いていきます。

スポンサーリンク

まえおき

この記事の目的

とりあえず基本的な使い方を覚えて、Affinity Designer がどんなアプリなのかを知り、楽しさを実感してもらうことが目的です。

なるべくシンプルで分かりやすくするために、内容をかなりしぼっているので、用途によっては適切でない説明も一部あるかもしれません。ご理解ください。

今回は、「新規作成」→「描く」→「書き出す(保存)」という一連の作業の流れについて、見ていきましょう。

Affinity Designer とは何なのか?

簡単に言うと、図形や線を組み合わせてイラストを描くアプリです。

Affinity Designer が扱うのは主に「ベクター」という種類のイラスト。「ベクター」は、コンピューターが計算式を使って描くキレイな図形や線が特徴です。

その特徴から、ベクターは拡大/縮小をしても崩れにくい、画質が劣化しないという性質を持っています。

そのため、「比較的シンプルなイラスト」「幾何学的な模様」「ロゴ」「アイコン」などを作るのに向いているアプリです。

キャンバスの準備

  1. メニューの「ファイル」→「新規と進みます。
    ドキュメントを新規作成
  2. 作成するキャンバスのサイズを「ページ幅」「ページ高さ」で指定。「DPI」は、ネット用途なら「72」、印刷用途なら「300」程度にしておきましょう。
    新規ドキュメントの設定
  3. とりあえず「カラー」はそのままでいいです。「マージン」はチェックを外し、「裁ち落とし」はすべて「0」にします。右下にある「作成」ボタンをクリックしましょう。
    新規ドキュメントの設定
  4. キャンバスができました。
    真っ白なキャンバス

描く

簡単な解説

主なツール

「ツール」がいろいろありますが、とりあえず下記8個を覚えましょう。そこそこ使えるようになります。(「シェイプ」ツールを長押しすると、色々な図形が表示される)

ツールの用途

色の選択

「カラー」の構造はこんな感じ。

カラーの使い方

「色」はカラフルな円(ドーナツ型)をクリックまたはドラッグして選び、内側にある三角形で「明るさ」「鮮やかさ」を変えます。

選ぶ色は「線」と「塗りつぶし」の2種類があります。色を変えたい方をクリックしましょう。

「線」と「塗りつぶし」の色について、もう少し詳しい内容はこちらの記事をどうぞ。

Affinity Designer: 色選択がドーナツ型なのはなぜ?【イラレ未経験向け】
こんにちは、さち です。 そのため、Illustrator 未経験で、はじめて使ったドローアプリが Affinity Designer だという人もいると思います。 実は、私もそれに近い状態でした。もともと Affi...

 

ツールを使って描いていく

  1. 実際に、この真っ白なキャンバスに描いてみましょう。
    真っ白なキャンバス
  2. 「楕円」ツールを選びます。キャンバス上でドラッグをすると「円」を描けます。Shift キーを押しながらドラッグするとキレイな真円にできます。
    円を描く
  3. 「ペン」ツールを選びます。キャンバス上でクリックを繰り返すと「線」を描けます。
    線を描く
  4. 「テキスト」ツールを選びます。キャンバス上をクリックすると、その部分に「文字」を入力できます。
    文字を入れる

書き出す

「画像」を書き出す

  1. この状態のキャンバスを「画像」として書き出してみましょう。
    キャンバスの状態
  2. メニューの「ファイル」→「エクスポートと進みます。
    エクスポート
  3. 書き出す画像の設定をします。今回は「PNG」を選びます。右下にある「書き出し」ボタンをクリックしましょう。
    エクスポートの設定
  4. 「ファイル名」を入力して、「保存」ボタンをクリック。
    ファイルの名前をつけて保存
  5. 作った画像を書き出せました。
    画像で書き出された

「キャンバス」を保存する

  1. この状態のキャンバスを後から再編集できるように、Affinity Designer 専用のファイルで保存してみましょう。
    キャンバスの状態
  2. メニューの「ファイル」→「保存と進みます。
    保存
  3. 「ファイル名」を入力して、「保存」ボタンをクリック。
    ファイルの名前をつけて保存する
  4. Affinity Designer 専用の 「afdesign」形式のファイルで保存できました。編集の続きをしたい時は、このファイルをダブルクリックで開けば、前回からの続きを Affinity Designer で表示できます。
    Affinity Designer 用のファイルが保存された

まとめ

今回紹介した操作は本当に基礎中の基礎だけ。Affinity Designer のポテンシャルはまだまだこんなものではありません。

これだけでは凝ったイラストは描けないので、追加で少しずつ色々な機能を覚えていきましょう。

次の記事

Affinity Designer: 「Illustrator」未経験者のための超基礎的な使い方(2)
こんにちは、さち です。 今回は以前の記事に引き続き、Illustrator 未経験者の人を対象として、Affinity Designer の基本的な使い方を紹介します。 第2回目は、Affinity Desig...

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました