Affinity Designer: 「Illustrator」未経験者のための超基礎的な使い方(2)

この記事は約4分で読めます。

Affinity Photo ロゴ

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

今回は以前の記事に引き続き、Illustrator 未経験者の人を対象として、Affinity Designer の基本的な使い方を紹介します。

第2回目は、Affinity Designer を使って簡単な「標識」を作ってみます。

スポンサーリンク

完成予想図

完成した標識

つくる標識の完成予想図がこちら。「右方背向屈曲あり」という標識ですが、名前はどうでもいいです。

Affinity Designer の機能を使って、この標識を作ってみましょう。

標識の形をつくる

図形を描く

  1. 真っ白なキャンバスです。
    真っ白なキャンバス
  2. 角丸長方形」ツールを選びます。
    Affinity Designer シェイプ 角丸長方形 ツール
  3. Shift キーを押しながらドラッグして、縦横が同じ長さの「角丸長方形」を描きます。
    角丸長方形
  4. 角にある制御点(赤い点)ドラッグして、角の丸みを調整します。
    シェイプの制御点を動かす
  5. 丸みを小さくして、こんな感じになりました。
    角丸長方形の角の形が変わった

回転する

  1. 移動」ツールを選びます。
    Affinity Designer 移動 ツール
  2. カーソルをレイヤーの角に合わせて、「回転」モードにします。
    カーソルをレイヤーの角に合わせる
  3. Shift キーを押しながらドラッグして、レイヤーを45度回転します。
    角丸長方形を45度回転できた

色を変える

  1. 「角丸長方形」の色を変えていきます。ウィンドウ上部にある「塗りつぶし」の色をクリックして、黄色に変えます。
    角丸長方形の「塗りつぶし」の色を変える
  2. 同じように、「境界線」の色を黒にします。
    角丸長方形の「境界線」の色を変える
  3. 境界線のスタイルを設定します。今回は、「幅」を 5px、「整列」を内側にします。
    境界線を設定する
  4. 標識の形が、こんな感じにできました。
    標識の外形が完成

矢印をつくる

カーブを描く

  1. ペン」ツールを選びます。
    Affinity Designer ペン ツール
  2. 「カーブ(矢印)」の始点にカーソルを合わせてドラッグをすると……
    ノードを配置
  3. ノード(点)」と「ハンドル(点から伸びる線)」ができます。「ノード」はカーブが通る位置、「ハンドル」はカーブの曲がり具合を指定するものです。
    ノードのハンドルを伸ばす
  4. 同じように別の場所でドラッグすると、カーブが描かれていきます。
    ノードを追加していく
  5. さらに続けていき、こんな感じのカーブができました。
    カーブを描けた

カーブを矢印にする

  1. カーブの色とスタイルを設定しましょう。今回は、「色」を、「幅」を 22px、「線端」をバット線端にします。
    境界線を設定する
  2. さらに、「終了位置」を曲線状(矢印)75%、「矢印の配置」を線の端にします。
    境界線に矢印を付ける
  3. カーブで矢印を描けました。
    ノードをドラッグする

カーブ(矢印)を調整する

カーブの調整には「ノード」ツールを使います。
Affinity Designer ノード ツール

位置を調整

  1. カーブの「ノード(点)」をドラッグすると……
    ノードをドラッグする
  2. 位置を移動でき、カーブの位置を変更できます。
    ノードを移動できた
  3. 他のノードの位置も調整して、こんな感じになりました。
    他のノードも移動

曲がり具合を調整

  1. 「ノード(点)」を選んで、そこから伸びている「ハンドル」をドラッグすると……
    ハンドルをドラッグ
  2. カーブの曲がり具合を調整できます。ちなみに、Shift キーを押しながらドラッグすると、ハンドルを直線上に配置できます。
    カーブの曲がり具合が変わった
  3. 他のノードのハンドルも調整していきます。
    他のノードのハンドルも調整
  4. 矢印(カーブ)が完成。
    カーブが完成
  5. こんな感じになりました。
    標識が完成

境界線を追加する

「角丸長方形」にはすでに境界線が付いていますが、さらに追加してみましょう。

黄色の境界線を追加

  1. 標識の外側に、さらに「境界線」を追加してみます。
    標識が完成
  2. 角丸長方形」レイヤーを選びます。
    「角丸長方形」レイヤーを選択
  3. アピアランス」スタジオに移動します。(ない場合は、メニューの「表示」→「スタジオ」→「アピアランス」
  4. スタジオの下部にある「境界線を追加」をクリック。
  5. 新しい「境界線」が追加されました。この境界線を選んで……
  6. 境界線の「色」を黄色にします。「スタイル」は、「幅」を 5px、「整列」を外側にします。
    境界線を設定する
  7. 「角丸長方形」の外側に黄色の境界線を追加できました。
    黄色の境界線が追加

一番外に黒い境界線を追加

  1. 黄色の境界線と同じように、「アピアランス」スタジオの下部にある「境界線を追加」をクリック。
  2. さらに新しい境界線が追加されました。この境界線を選んで……
  3. 境界線の「色」をにします。スタイルは、「幅」を 7px、「整列」を外側にします。
    境界線を設定する
  4. すると、上から塗りつぶされて、先ほど追加した黄色の境界線が消えてしまいました。これだと困るので……
    黄色の境界線が消えてしまった
  5. 「アピアランス」スタジオで境界線の重なり順を変えます。一番外の黒い境界線をドラッグして、黄色の境界線の下に移動します。
    境界線の順番を入れ替える
  6. これで、黄色の境界線が見えるようになりました。一番外の黒い境界線も見えていますね。これで標識の完成です!
    完成した標識

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました