スポンサーリンク

Affinity Designer: キャンバス外の表示をやめる(クリッピング)

この記事は約2分で読めます。

Affinity Designer: キャンバス外の表示をやめたい(クリッピング)

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

今回は、この Affinity Designer で、キャンバス外にあるレイヤーを表示しないようにする方法(クリッピング)について書いていきます。

この方法は Affinity Publisher でも使用できます。

スポンサーリンク

キャンバス外が表示される

  1. このようなキャンバスがあります。
    Affinity Designer: キャンバス外の表示をやめたい(クリッピング)
  2. 「楕円」ツールを選択。
    Affinity Designer シェイプ 楕円 ツール
  3. 楕円を描きました。しかし、キャンバス外にある楕円の上下端が表示されています。
    Affinity Designer: キャンバス外の表示をやめたい(クリッピング)

デザインをする時に、この方が便利な場合があるのは理解しています。ただ、Affinity Photo に慣れていると、キャンバス外まで表示されるのは違和感があります。

解決方法

「キャンバスにクリップ」する

  1. キャンバス外の楕円が表示されている状態です。
    Affinity Designer: キャンバス外の表示をやめたい(クリッピング)
  2. メニューの「表示」→「表示モード」→「キャンバスにクリップ」と進みます。(ショートカットは キー)
    Affinity Designer: キャンバス外の表示をやめたい(クリッピング)
  3. キャンバス外の楕円が隠れました。
    Affinity Designer: キャンバス外の表示をやめたい(クリッピング)

ショートカットが キー単独なので、いつの間にか誤爆している可能性もあります。注意しましょう。

この設定をしても、「裁ち切り」の範囲は表示されます。

「裁ち切り」を非表示にする

「キャンバスにクリップ」をしてもキャンバス外の表示が消えない時は、ドキュメントに「裁ち切り」を設定していることが原因です。

ただ、「裁ち切り」の設定は意図的にしていると思うので、理由がない限り下記の操作はしなくて良いです。

  1. キャンバス外の表示が微妙にされている状態。「裁ち切り」を設定しているとこうなります。(キャンバス外のグレーの枠が「裁ち切り」の範囲)
    Affinity Designer: キャンバス外の表示をやめたい(クリッピング)
  2. メニューの「表示」→「裁ち切りを表示」と進みます。
    Affinity Designer: キャンバス外の表示をやめたい(クリッピング)
  3. 裁ち切りが非表示になり、キャンバス外の楕円が隠れました。
    Affinity Designer: キャンバス外の表示をやめたい(クリッピング)
「裁ち切り」を設定していない(「0」にしている)場合は、「裁ち切りを表示」をオンにしていてもキャンバス外は表示されません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました