スポンサーリンク

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

この記事は約5分で読めます。

AffinityDesigner_constraints20

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

今回は、この Affinity Designer で、(親レイヤーを)拡大/縮小した時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方について書いていきます。

この方法は Affinity Publisher でも使用できます。

スポンサーリンク

基本操作

  1. 「長方形」と「楕円」を作りました。「楕円」レイヤーは「長方形」レイヤーでクリッピングしてあります。
    Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方
  2. 「長方形(親レイヤー)」を拡縮した時の「楕円(子レイヤー)」の挙動を、「制約」スタジオを使って指定します。「制約」の使い方の詳細は次項で説明します。
    Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方
「制約」スタジオは、メニューの「表示」→「スタジオ」→「制約」で表示できます

「制約」は「子」レイヤーの挙動を指定するものです。なので、基本的に「制約」を適用するのは「子」レイヤーです。「親」レイヤー(コンテナー)に使っても効果はありません。間違えないようにしましょう。

例では、クリッピングを使って「親」レイヤー(コンテナー)と「子」レイヤーの関係を作りましたが、他にも「グループ」「アートボード」などを使っても構いません。

「制約」の使い方

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

「制約」スタジオには、大きく分けて「スケーリング」「アンカーライン」「最小/最大フィット」の機能があります。それぞれをクリックすると、その効果を切り替えられます。

これら3つの機能にどのような効果があるのか、順に見ていきましょう。

スケーリング(拡大/縮小)

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

中央にある「矢印」は、親レイヤーが拡大/縮小された時に、子レイヤーも一緒に拡大/縮小するかどうかを指定できます。

指定できるのは、「上下」「左右」の2方向です。

先ほど作ったレイヤーで、子の「楕円」に下記のような制約を適用すると、親の「長方形」を拡大/縮小した時に、どのような動きをするかを実際に見てみましょう。

「すべて」の方向

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

親の「長方形」を拡大すると、子の「楕円」は全方向拡大します。

「制約」を何も指定しない場合、これが初期設定です。

すべて「無効」

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

親の「長方形」を拡大しても、子の「楕円」は拡大しません

「長方形」が拡大した分だけ右・下へ移動して、「楕円」の左・上には隙間ができます。

「上下」方向だけ

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

親の「長方形」を拡大すると、子の「楕円」は上下にだけ拡大します。

左右には拡大しないので、「長方形」が拡大した分だけ右へ移動して、「楕円」の左には隙間ができます。

「左右」方向だけ

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

親の「長方形」を拡大すると、子の「楕円」は左右にだけ拡大します。

上下方向には拡大しないので、「長方形」が拡大した分だけ下へ移動して、「楕円」の上には隙間ができます。

アンカーライン(余白の固定)

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

周囲にある「線」は、親レイヤーが拡大/縮小された時に、子レイヤーの余白を固定するかどうかを指定できます。

指定できるのは、「上」「下」「左」「右」の4方向です。

先ほど作ったレイヤーで、子の「楕円」に下記のような制約を適用すると、親の「長方形」を拡大/縮小した時に、どのような動きをするかを実際に見てみましょう。

「左」の余白を固定

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

親の「長方形」を拡大すると、子の「楕円」は左の余白固定した状態で移動します。

その他の方向の余白は固定されず、「長方形」が拡大した分だけ移動するので、「楕円」の上・下・右は余白が拡大します。

「左」と「上」の余白を固定

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

親の「長方形」を拡大すると、子の「楕円」は左と上の余白固定した状態で移動します。「楕円」のサイズは変化しません。

その他の方向の余白は固定されず、「長方形」が拡大した分だけ、「楕円」の右・下の余白が拡大します。

「左」と「右」の余白を固定

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

親の「長方形」を拡大すると、子の「楕円」は左と右の余白固定した状態で移動し、余白のサイズを維持するために左右方向に拡大します。

その他の方向の余白は固定されず、「長方形」が拡大した分だけ、「楕円」の上・下の余白が拡大します。

「すべて」の余白を固定

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

親の「長方形」を拡大すると、子の「楕円」は上下左右すべての余白固定した状態で移動し、余白のサイズを維持するために上下・左右方向にそれぞれ拡大します。

「スケーリング」で全方向を適用した時の挙動と同じ見えますが、微妙に違います。

「スケーリング」だと、「楕円」は「長方形」に追従するために拡大しますが、
「アンカーライン」だと、「楕円」は「余白」を固定するために拡大します。

なので、両者で「長方形」を同じサイズに拡大しても、「楕円」のサイズは異なります。

最小/最大フィット

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

右下にある「円と矢印」のアイコンは、親レイヤーが拡大/縮小された時に、子レイヤーの拡大/縮小を親レイヤーの短辺/長辺どちらに合わせて行うかを指定します。

指定できるのは、「最小(短辺)フィット」「最大(長辺)フィット」の2つです。

先ほど作ったレイヤーで、子の「楕円」に下記のような制約を適用すると、親の「長方形」を拡大/縮小した時に、どのような動きをするかを実際に見てみましょう。(変化が見やすいように、「楕円」を中央に配置しています)

「最小フィット」と全方向スケーリング

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

「楕円」のスケーリング(拡大/縮小)が、「長方形」の短辺の長さに合わせて行われます。

親の「長方形」を横に縮小すると、短辺が変化して子の「楕円」は縮小しますが、
逆に「長方形」を横に拡大しても、短辺は一定なので「楕円」は拡大しません

「最大フィット」と全方向スケーリング

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

「楕円」のスケーリング(拡大/縮小)が、「長方形」の長辺の長さに合わせて行われます。

親の「長方形」を横に縮小しても、長辺は一定なので子の「楕円」は縮小しませんが、
逆に「長方形」を横に拡大すると、長辺が変化して「楕円」は拡大します

「最大フィット」と上下のスケーリング

Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

「楕円」のスケーリング(拡大/縮小)が、「長方形」の長辺の長さに合わせて行われますが、スケーリング(拡大/縮小)は上下方向しか行われません。

親の「長方形」を横に縮小しても、長辺は一定なので子の「楕円」は縮小しませんが、
逆に「長方形」を横に拡大すると、長辺が変化して「楕円」は上下方向だけ拡大します

実際の使用例

これまでは「スケーリング」「アンカーライン」「最小/最大フィット」それぞれ単体の効果を詳しく見ていきましたが、今度は実際に使ってみましょう。

  1. このようなアートボードを作りました。それぞれのレイヤーには下記のような「制約」を指定してあります。
    Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方
  2. アートボードを拡大すると、こうなります。
    Affinity Designer: 拡縮時のレイヤーの挙動を指定する「制約」の使い方

このように「制約」の機能を組み合わせることで、「常に中央配置」「追従して伸縮」「端に固定」などができます。上手く使いこなしましょう!

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました