スポンサーリンク

Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する

この記事は約4分で読めます。

Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

今回は、この「Affinity Designer(以下:Designer)」で、ドキュメント(キャンバス)のサイズ変更などを行う方法について書いてきます。

スポンサーリンク

Designer と Photo は微妙に違う

私が Affinity シリーズを使い始めたのは、Photoshop 代替の「Affinity Photo(以下:Photo)」からです。すでに1年半以上 Photo を使っているので、同じシリーズの Designer の操作にもすぐ対応できました。

しかし、Designer は「ドロー(ベクター)」、Photo は「画像編集(ラスター)」と使用目的が違うアプリ。操作が異なるところもあります。その一つが、ドキュメント(キャンバス)に関する設定です。

例えば、Photo で「ドキュメント」のサイズを変更するには、「ドキュメントのサイズを変更(Ctrl + Alt + I キー)」を使います。

Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する

また、Photo で「キャンバス」のサイズを変更するには、「キャンバスのサイズを変更(Ctrl + Alt + C キー)」を使います。

Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する

しかし、「Designer」にはこれらの機能がありません。ショートカットキーも効きません。

というか、そもそも Designer のメニューには「ドキュメント」がありません。だから、Photo と同じ操作はできないのです。

Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する

でも、Designer のドキュメント(キャンバス)のサイズだって変えたいことがありますよね?

大丈夫です。少し操作方法が違うだけで、ちゃんと同じことができます。

「ドキュメント設定」の使い方

Designer では、ドキュメント(キャンバス)に関することが、すべて「ドキュメント設定」にまとめられています。

表示する方法

まずは、「ドキュメント設定」を表示してみましょう。

  1. メニューの「ファイル」→「ドキュメント設定」と進みます。(ショートカットは Ctrl + Shift + P キー)
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
  2. サイズ変更などドキュメントに関する設定は、すべてここで行います。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
「移動」ツールを選択すると画面上部に表示される「ドキュメント設定」ボタンからも開けます。
操作方法が Photo とは微妙に違うので、ドキュメント(キャンバス)のサイズ変更など主な使い方を見ていきましょう。

ドキュメントの拡大/縮小

  1. 「400×200 px」のドキュメントがあります。これを「600×300 px」に拡大してみます。(「星(シェイプ)」も一緒に拡大する)
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
  2. 「ドキュメント設定(Ctrl + Shift + P キー)」を開きます。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
  3. 「寸法」を「600×300」に変更。「オブジェクトの動作」を「再スケール」にします。「リサンプル」は適切なものを選択(適用されるのは「ピクセル」レイヤーだけ)。「OK」をクリックします。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
  4. ドキュメントが「600×300」に拡大されました。一緒に、「星(シェイプ)」も拡大されたのが分かります。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する

キャンバスを広げる/狭める

  1. このような「400×200」のキャンバスがあります。これを「600×300」に広げてみましょう。ただし、「キャンバス」だけを広げて、「星(シェイプ)」の大きさは変えません
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
  2. 「ドキュメント設定(Ctrl + Shift + P キー)」を開きます。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
  3. 「寸法」を「600×300」に変更。「オブジェクトの動作」を「ページで固定」にします。「アンカー(サイズ変更の基準点)」は適切なものを選択。「OK」をクリックします。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
  4. 「星(シェイプ)」のサイズはそのまま。キャンバスだけが「600×300」に広がりました。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する

背景の色(白色/透明)を変更

  1. 背景色が「白色」のキャンバスです。「透明」に変更してみましょう。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
  2. 「ドキュメント設定(Ctrl + Shift + P キー)」を開きます。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
  3. 「カラー」タブを開きます。「透明な背景」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する
  4. 背景が透明になりました。
    Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する

マージン・裁ち切りの変更

「ドキュメント設定(Ctrl + Shift + P キー)」では、他にも「マージン」や「裁ち切り」の設定もできます。

Affinity Designer: ドキュメント(キャンバス)のサイズ等の設定を変更する

Photo で「マージン」を変更するときは、メニュー「ドキュメント」→「マージン」で行うので、本当に Designer では1つの場所にギュッとまとめられていますよね。

ちなみに、Photo に「裁ち切り」の設定はありません。

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました