スポンサーリンク

Affinity Designer: ペンで描いたカーブが上手く合成(複合化)できない

この記事は約2分で読めます。

Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

今回は、この Affinity Designer で、カーブとの合成(複合化)が上手くいかない時の対処法について書いていきます。

 

スポンサーリンク

カーブの形にくり抜けない

Affinity Designer を使って、ニコニコマークを描いてみます。

  1. 「楕円」ツールで顔を描きます。
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  2. 同じく、「楕円」ツールで目を描きます。
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  3. さらに、「ペン」ツールで口を描きます。
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  4. こんな感じになりました。ここで、目と口の形で顔をくり抜いてみましょう。
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  5. 顔・目・口のレイヤーを選びます。
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  6. 「除外」します。(メニューの「レイヤ」→「ジオメトリ」→「除外」でもOK)
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  7. 口の形が変わってしまいました。描いたものは口を閉じていたはずなのに……。
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法

例では、形が変わってしまう症状でしたが、描いたカーブの形によっては、全然くり抜けない場合もあります。

解決方法

  1. 前項で作ったニコニコマークです。なぜ、口が上手くくり抜けなかったのでしょう?
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  2. 原因は、「境界線」です。この口の形はカーブ自体が描いたものではありません。カーブの装飾である境界線」によって描かれているのです。そのせいで、合成(除外)が上手くいかなかったわけです。
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  3. つまり、口の形を「境界線」ではなく「カーブ」で描けば良いのです。「境界線」を「カーブ」に変換してみましょう。口の形を描いた「カーブ」レイヤーを選んで……
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  4. メニューの「レイヤ」→「ストロークを展開」と進みます。(ストローク=境界線)
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  5. 口を描いていた境界線の形がカーブに変換されました。
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  6. この状態で、先ほどと同じように「除外」すると……
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
  7. ちゃんと、思い通りの形にくり抜かれました。
    Affinity Designer: ペンで描いたカーブを合成(複合化)する方法
Affinity では、レイヤーの装飾によって描く線を呼ぶときに、「境界線」と「ストローク」の2種類が混在しています。ややこしいので注意。

コメント

タイトルとURLをコピーしました