Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける

この記事は約3分で読めます。

Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

今回は、この Affinity Designer で使用できる「レイヤー」と「グループ」の違いについて書いていきます。

一見、どちらもレイヤーをまとめておく「フォルダー」のように見えますが、実は挙動が微妙に違います。

この記事の内容は、「Affinity Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

まえおき

「レイヤー」と「グループ」の作り方

「グループ」「レイヤー」の作成は、メニューの「レイヤ」からできます。「グループ化」で「グループ」を作成、「新規レイヤ」で「レイヤー」を作成できます。

Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける

「レイヤー」は、「レイヤ」スタジオの下部にある「レイヤの追加」アイコンからも作成できます。

Affinity Designer レイヤスタジオ レイヤの追加

Affinity Photo のメニューの「レイヤ」→「新規レイヤ」は、「レイヤー」でなく「ピクセルレイヤー」を作る機能です

例として使用するキャンバス

今回、例として使うキャンバスを Affinity Designer で作っていきます。

  1. 「レイヤー」と「グループ」を作り、それぞれの中に「長方形」と「楕円」を描きました。
    Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける
  2. レイヤー構造はこんな感じ。
    Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける

このキャンバスを使って、「レイヤー」と「グループ」の違いを見ていきます。

「レイヤー」と「グループ」の違い

「レイヤ」パネルでの表示

Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける

「レイヤー」は、下部に薄く青いラインが入ります。
「グループ」には、ありません。

サムネイルの表示

Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける

「グループ」は、サムネイルの表示を「フォルダーアイコン」に変更できます。
「レイヤー」は、できません。

表示を切り替える方法については、こちらの記事を見てください。

Affinity Photo: 「グループ」の表示をサムネイルからアイコンに変える
こんにちは、さち です。 Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。 今回は、この Affinity Photo で、「レイヤー」スタジオに...

中にあるレイヤーの選択

Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける

キャンバス上で、レイヤーを選択(クリック)する時の挙動が異なります。

「レイヤー」は、カーソルの下にあるレイヤー(例では「長方形」)が選択されます。
「グループ」は、グループ全体が選択されます(もう一度クリックするとレイヤーを選択)。

ただし、「グループ」でも Ctrl キーを押しながらクリックすると、「レイヤー」と同じ挙動で選択できます。詳細は、こちらの記事で書いています。

Affinity Photo:「グループ」内にあるレイヤーを単体で選択する
こんにちは、さち です。 Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。 このアプリには、複数のレイヤーをまとめて入れておける「グループ(フ...

レイヤーの境界ボックス

Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける

「レイヤー」は、境界ボックス(バウンディングボックス)の色を変更できます。
「グループ」は、できません。

変更方法

  1. 「レイヤ」パネルにある「レイヤー」の上で「右クリック」→「プロパティ」と進みます。
    Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける
  2. 「カラー」をクリックして、色を変更します。
    Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける
  3. 境界ボックスの色が変わりました。ちなみに、中身のレイヤーを個別に選択した時に表示される境界ボックスも指定した色になります。
    Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける
  4. 「レイヤ」パネルでの表示(レイヤーの下部に出るライン)も指定した色と連動します。
    Affinity Designer: 「グループ」と「レイヤー」の違いを理解して使い分ける

ちなみに、境界ボックスの元の色は「H:212, S:79, L:53」「R:41, G:128, B229」です。元の色に手動で戻すのは面倒なので、新しい「レイヤー」を作って中身をすべて移動した方が簡単だと思います。

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました