Affinity Photo: 複数の画像ファイルを一気にリサイズ・書き出し(バッチ処理)

この記事は約2分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、複数の画像ファイルを一気にリサイズして書き出すなど、「一括処理(バッチ処理)」する方法について書いていきます。

多くの画像ファイルをリサイズしないといけない時などに、ぜひ使ってみて下さい。

スポンサーリンク

今回の画像処理の内容

今回、画像ファイルに対して処理する内容はこちら。

処理の内容
  • 画像をモノクロ化する
  • 編集データ(キャンバス)を「afphoto」形式で保存
  • 「幅」「高さ」の大きい方を 600px にリサイズ
  • 「PNG」形式で画像を書き出す

これらの処理を複数の画像ファイルに対して一気に行います。

一括処理する方法

  1. 例として、この2つの画像ファイル(JPEG)を前項のとおり一括処理してみましょう。
    一括処理したいファイル
  2. Affinity Photo のメニューの「ファイル」→「新規一括ジョブと進みます。
    新規一括ジョブ
  3. 「新規一括ジョブ」ウィンドウが表示されます。
    「新規一括ジョブ」ウィンドウ
  4. 下部にある「追加」ボタンをクリック。
    「追加」ボタン
  5. 一括処理するファイルを選んで、「開く」ボタンをクリック。
    一括処理するファイルを選ぶ
  6. 出力を「保存先」にします。(「元の場所に保存」を選んだ場合、もとのファイルと同じ形式で書き出すと上書きされるので注意)
    「保存先」を選ぶ
  7. 出力先のフォルダーを選んで「フォルダーの選択」ボタンをクリック。
    保存先フォルダーを選ぶ
  8. 保存形式を選びます。今回は、「AFPhoto」と「PNG」です。
    保存形式を選ぶ
  9. 保存形式ごとにリサイズの設定をします。「AFPhoto」はリサイズしないので空欄のまま。「PNG」は 600px にリサイズしたいので、「W」「H」の両方に「600」と入力。「A」にチェックを入れると縦横比を維持してリサイズできます。
    各保存形式のリサイズ設定
  10. 「PNG」の右端にある「」ボタンをクリックすると、保存時のその他の設定も指定できます。(JPEG の場合、圧縮品質やプログレッシブ等の指定も可能)
    画像ファイルの保存設定
  11. マクロを選びます(リサイズだけならこの操作は不要 →手順「13」へ)。今回はモノクロ化したいので、事前に自作したマクロの「モノクロ化」を選んで、「適用」ボタンをクリック。
    マクロを選んで「適用」する
  12. 「モノクロ化」のマクロが適用されました。
    マクロが適用された
  13. OK」ボタンをクリックすると、一括処理(一括ジョブ)が開始されます。
    「OK」ボタン
  14. モノクロ化した編集データの「afphoto」ファイルと、さらに 600px にリサイズした「PNG」ファイルができました。
    画像が一括処理・保存された

今回は例として2つのファイルしか処理しませんでしたが、ファイルの数が増えれるほど一括処理の恩恵を感じられるはずです。

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました