スポンサーリンク

Affinity Photo:点線を描く方法

この記事は約3分で読めます。

Affinity Photo で点線を描く方法

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、その Affinity Photo を使って、点線を描く方法について書いていきます。

スポンサーリンク

点線を描く方法

  1. まず、点線のもととなる形を作ります。今回は「長方形ツール」を使います。
    Affinity Photo で点線を描く方法
  2. こんな長方形を描きました。描いた図形のレイヤーを選択した状態にします。
    Affinity Photo で点線を描く方法
  3. 「境界線」の色を選びます。この色が点線の色になります。
    Affinity Photo で点線を描く方法
  4. 「境界線」にある「なし」となっている部分をクリック。
    Affinity Photo で点線を描く方法
  5. 「スタイル」を「点線」にします。その他も良い感じに設定します。一番下の「破線」で点線の調整ができます。1番目の数値が点線の「長さ(の倍率)」、2番目の数値が点線の「間隔(の倍率)」です。3番目と4番目は今回使いません(※詳細は後述)。
    Affinity Photo で点線を描く方法
  6. こんな感じになりました。
    Affinity Photo で点線を描く方法
  7. 点線は、図形の変化に合わせて自動で引き直されます。長方形の角を丸めるとこんな感じになります。
    Affinity Photo で点線を描く方法
  8. 例では、長方形(シェイプ)ツールを使って点線を描きましたが、他の図形ツール,ペンツール(ベクター),テキストでも同様のことができます。
    Affinity Photo で点線を描く方法

「破線」の設定方法

前項の手順「5」で軽く触れた「破線」の使い方の詳細です。

Affinity Photo で点線を描く方法

1, 2番目の数値は前述のとおり、点線の「長さ」と「間隔」を指定するものです。とりあえず、この2つだけで点線は描けます。

これらの数値は線の幅に対する「倍率」です。例えば、「長さ」を「1」にすれば、線の幅と同じ長さになります(「線端」をピッタリに設定している場合)。

3, 4 番目の数値は、2つ目の点線の設定です。これを使うと、一点鎖線のような点線を作ることができます。使わない時は「0」にしておきましょう。

「フェーズ」は、点線の開始位置をズラすための数値です。上図の場合、例えばフェーズを「3」にすると、点線は「3」進んだところからスタート。つまり、2つ目の点線からスタートします。

点線の枠だけを作る

点線の枠だけを作り、図形の塗りつぶしが必要ない場合は、下記の手順でできます。

  1. この図形の塗りつぶしを消して、点線の枠だけにしてみましょう。
    Affinity Photo で点線を描く方法
  2. 図形レイヤーを選択して、「塗りつぶし」を「なし」にします。(色表示に斜線が表示されればOK)
    Affinity Photo で点線を描く方法
  3. 図形が点線の枠だけになりました。下にオレンジ色の長方形を置くと、ちゃんと透けているのが分かります。
    Affinity Photo で点線を描く方法

点線の枠だけにエフェクトを付ける

  1. この点線の枠に、エフェクトを付けてみましょう。
    Affinity Photo で点線を描く方法
  2. 図形レイヤーに、「レイヤエフェクト」を適用します。例では、「アウトライン(枠線)」と「外側のシャドウ」を適用しました。
    Affinity Photo で点線を描く方法
  3. こんな感じになりました。
    Affinity Photo で点線を描く方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました