スポンサーリンク

Affinity Photo:「afphoto」ファイルを埋め込んで内容を編集する

この記事は約2分で読めます。

Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、その Affinity Photo で、別のドキュメントファイル(拡張子:afphoto)をキャンバスに埋め込んで、編集する方法について書いていきます。

 

スポンサーリンク

ドキュメント(afphotoファイル)を埋め込む

  1. Affinity Photo で、このような状態のキャンバスを用意。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  2. 別の afphotoファイル(Affinity Photo の保存形式)があります。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  3. このファイルをキャンバスにドラッグ&ドロップ。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  4. キャンバスに追加されました。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  5. 追加されたレイヤーは「埋め込みドキュメント」形式です。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能

特殊なレイヤーの種類ですが、他のレイヤーと同様にエフェクト(レイヤースタイル)やライブフィルター(スマートフィルター)をかけられます。

「埋め込みドキュメント」は編集できる

  1. 「埋め込みドキュメント」レイヤーがあります。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  2. キャンバス上でこのレイヤーをダブルクリックすると……
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  3. 別のタブでドキュメント内容が表示されます。通常のキャンバスと同じく自由に編集できます。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  4. 三日月っぽく編集してみました。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  5. 「埋め込みドキュメント」レイヤーにも反映されます。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  6. 「埋め込みドキュメント」を編集しても、元のファイルには影響しません
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能

元ファイルの編集結果を反映させる

元ファイル(afphoto形式)を編集して、その結果を埋め込みドキュメントにも反映させたい場合は、ドキュメントの置換を行います。

  1. 「埋め込みドキュメント」レイヤーを選択します。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  2. 画面上部にある「ドキュメントの置換」をクリック。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  3. 編集した元のファイルを選択します。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能
  4. 「埋め込みドキュメント」が置き換えられ、元のファイル内容が反映されました。
    Affinity Photo:「afphoto」ファイルは埋め込める上に編集も可能

知っていると便利なこと

例では、「afphoto」形式のファイルを埋め込みましたが、他にも下記の形式のファイルで形式で同様のことができます。

  • Affinity Designer ファイル(.afdesign)
  • Photoshop ファイル(.psd .psb)
  • Illustrator ファイル(.ai)
  • svg
  • eps
  • Freehand
  • PDF

こちらも、埋め込みドキュメントを編集しても元ファイルに影響はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました