スポンサーリンク

Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法

この記事は約2分で読めます。

Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo

先日、この Affinity Photo を使っている時に、書き出した画像にジャギーが発生してしまう問題に遭遇しました。

『何これ、不具合……?』と思ったんですが、そうではなかったので、対処法について書いておきます。

スポンサーリンク

書き出した画像にジャギーが出る

  1. 500×300 px のキャンバスがあります。
    Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法
  2. キャンバスに画像を追加しましたが、大きすぎます。
    Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法
  3. 画像レイヤーのサイズを小さくします。
    Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法
  4. キャンバスにおさまりました。
    Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法
  5. 書き出し(エクスポート)します。
    Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法
  6. 書き出した画像にジャギーが発生してしまいました。
    Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法
  7. 並べて比較してみます。矢印の部分を見ると分かりやすいと思います。
    Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法

画風的に、ジャギーが出ていてもこれはこれでアリな気はしますが、キャンバス上の表示と異なる画像が書き出されてしまうのは問題です。

原因は、エクスポート時の「リサンプル」

Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法

書き出した画像にジャギーが発生した原因は、エクスポート(書き出し)時の「リサンプル」が「最近傍」になっていたことです。この時の「リサンプル」は、キャンバス上で拡大/縮小したレイヤーにも適用されるんです。

例の場合、読み込んだ画像(レイヤー)をキャンバスにおさまるように縮小したので、ここに「最近傍」によるリサンプルが適用されて、書き出した画像にジャギーが発生してしまったわけです。

つまり、エクスポート時のリサンプルを「最近傍」以外にすれば、ジャギーが発生することはありません。実際にリサンプルを「バイリニア」にして書き出したものがこちらです。

Affinity Photo:書き出した画像にジャギーが出る時の対処法

「リサンプル」には色々な種類があるので、それぞれの特徴を理解して使い分けましょう。

レイヤーの拡大/縮小を行っていない場合は、「最近傍」でエクスポートしてもジャギーが出ません。また、「シェイプ(図形)」は拡大/縮小をしてもエクスポート時のリサンプルは適用されません。
画像のサイズが小さい時にリサンプルを「Lanczos 3分離不可」にすると、画質が悪くなることがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました