スポンサーリンク

Affinity Photo:テキストを円や星など図形のかたちに配置する

この記事は約2分で読めます。

Affinity Photo でテキストを円や星など図形のかたちに配置する

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、テキストをシェイプ(図形)の形にあわせて配置(入力)する方法について書いてきます。

スポンサーリンク

シェイプの形に合わせてテキストを配置

例として、楕円の形に合わせてテキストを配置してみます。

  1. 「シェイプ(図形)」ツールを選択。形は何でもOKです。
    Affinity Photo 図形(シェイプ) ツール
  2. 楕円を描きました。
    Affinity Photo でテキストを円や星など図形のかたちに配置する
  3. テキストツールを長押しして、「フレームテキスト」ツールを選択。
    Affinity Photo フレームテキスト ツール
  4. 先ほど描いたシェイプ(図形)レイヤーを選択して、クリックします。
    Affinity Photo でテキストを円や星など図形のかたちに配置する
  5. すると、シェイプ(図形)の色が消え、テキストを編集できる状態になります。
    Affinity Photo でテキストを円や星など図形のかたちに配置する
  6. テキストを入力します。
    Affinity Photo でテキストを円や星など図形のかたちに配置する
  7. 編集を終了。楕円の形にテキストを配置できました。
    Affinity Photo でテキストを円や星など図形のかたちに配置する

例では、楕円を使いましたが、もちろん星型など他のシェイプ(図形)ツールでも使用できます。

シェイプ(図形)ツール以外にも、ペンツールで描いたカーブでも同様のことができます。

Affinity Photo でテキストを円や星など図形のかたちに配置する

非推奨の形も……

ここまでは一筆描きできる単純な形ばかりでしたが、ドーナツ形のような穴(空白)がある形でもこの機能を使用できます。

ただし、テキストは途中で途切れてしまいます。この場合、テキストは空白を(水平方向に)ジャンプして配置されます。

Affinity Photo でテキストを円や星など図形のかたちに配置する

テキストに大きな空白が挟まれると、文章がどの行に続いているのか分かりにくい(読みにくい)ので、このような形ではあまり使わない方が良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました