スポンサーリンク

Affinity Photo:レイヤーの配置に便利な「ガイド」を使う

この記事は約3分で読めます。

Affinity Photo:ガイドの使い方

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

先日、バージョン1.7 にアップデートされ、新機能の追加や改良が行われました。レイヤーの整列に役立つ「ガイド」にも新機能が追加されたので、勉強のために使い方についてまとめていきます。

スポンサーリンク

「線」のガイドの使い方

  1. メニューの「ビュー」を開いて、「ガイドを表示」にチェックを入れておきます。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  2. このようなキャンバスを準備しました。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  3. メニューの「ビュー」→「ガイドマネージャー」と進みます。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  4. 「ガイドの追加」ボタンをクリックしてガイドを追加します(追加したガイドはダブルクリックで数値を編集可能)。下部にある「パーセント」のチェックを外すと、ガイドの位置をピクセル値で指定できます。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  5. キャンバスにガイドの「線」が引かれました。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  6. このガイドに合わせて、レイヤー(ハノケチェン)を配置してみました。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  7. (μ's 2年生を配置して)こんな感じになりました。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
ガイドの線はドラッグで移動できます。固定したい場合は、メニューの「ビュー」→「ガイドをロック」で可能です。

「列」のガイドの使い方

基本操作

  1. このようなキャンバスを準備しました。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  2. メニューの「ビュー」→「ガイドマネージャー」と進みます。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  3. 「列ガイド」と「マージン」をこんな感じに設定しました。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  4. キャンバスにガイドが表示されました。2×2のガイドエリアが 30px の余白をとって配置されていますね。キャンバスの上下左右には 10px のマージンが取られています。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  5. このガイドのフチに合わせて、レイヤー(ハノケチェン)を配置してみました。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  6. (μ's 2年生を配置して)こんな感じになりました。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  7. ちなみに、手順「3」で列ガイドのスタイルを「アウトライン」にすると、エリア(塗りつぶし)ではなく線で表示できます。
    Affinity Photo:ガイドの使い方

 

  • 「列ガイド」は、「ガイドを表示」していなくても表示されます(仕様なのか不具合なのかは不明)。
  • ガイドでの「マージン」の設定は、メニューの「ドキュメント」→「マージン」と連動しています。

「スプレッドの起点」って何?

Affinity Photo:ガイドの使い方

ガイドマネージャーには、上図のように「スプレッドの起点」という項目があります。

値を変更してもガイドの表示には変化がなく、何を意味しているのか分かりにくい項目です。どのような効果がある値なのか、具体的に見ていきましょう。

  1. 「変換」パネルでレイヤーがある位置を確認します。「X」「Y」どちらも 10px なので、キャンバスの左端,上端から 10px の位置にあるということです。実際の表示もそうなっていますよね。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  2. ガイドマネージャーの「スプレッドの起点」を、「X」「Y」ともに 10px にしました。
    Affinity Photo:ガイドの使い方
  3. すると、レイヤーを動かしていないのに「X」「Y」どちらも 0px になりました。「X」「Y」が 0 となる位置(=起点)が 10px ズレたということです。つまり、「スプレッドの起点」=「X, Y が0となる位置」のことで、それを移動できる機能なわけです。
    Affinity Photo:ガイドの使い方

マージンを設定している場合にこの機能を使えば、マージンを含めない値で位置(X, Y)を指定できるので便利です。

「スプレッドの起点」の設定は、ガイドを使っていない場合でも有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました