Affinity Photo: 写真から不要なものを違和感なく消す方法

この記事は約2分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo の「インペインティングブラシ」ツールの使って、写真から不要なものを違和感なく消す方法について書いていきます。

スポンサーリンク

サンプル写真

サンプル写真

こちらがサンプルとして使用する写真です。今回は、例としてこの赤いトラクターを消してみます。

本来なら、トラクターの赤い色がアクセントになって美しいので消す必要はないですが、変化が分かりやすい例として使わせて頂きます。撮影者様には申し訳ない気持ちでいっぱいです……。

操作手順

写真を直接修正しない方法【任意】

写真を直接修正しないようにすることで、失敗しても簡単に元に戻せます。

そのような必要がない場合は、この操作をしなくても大丈夫です。

  1. ピクセルレイヤーを新しく作って、名前を「修正」にしました。この「修正」レイヤーを「写真」レイヤーの上に配置します(「写真」レイヤーにクリッピングしてもOK)。
    レイヤースタジオ
  2. 「インペインティングブラシ」ツールを選びます。(ない場合は、「修正ブラシ(絆創膏アイコン」を長押しする)
    Affinity Photo ツール インペインティングブラシ
  3. ソース(修正対象)を「現在のレイヤーとその下」にします。
    修正対象を「現在のレイヤーとその下」にする
  4. インペインティングブラシを使うときは「修正」レイヤーを選んで行います。こうすることで、下の「写真」レイヤーを修正の対象としながら、修正のための描画は「修正」レイヤーにされるので、「写真」レイヤーの内容は変更されません。
    レイヤースタジオ

トラクターを消していく

  1. 「インペインティングブラシ」ツールを選びます。(ない場合は、「修正ブラシ(絆創膏アイコン」を長押しする)
    Affinity Photo ツール インペインティングブラシ
  2. インペインティングブラシのサイズを調整します。(キャンバス上で Ctrl + Alt キーを押しながら左右にドラッグしてもOK)
    ブラシのサイズ調整
  3. ドラッグしてトラクターをなぞります。
    消す部分をなぞる
  4. トラクターが消えました。
    トラクターが消えた
  5. 拡大して見ると、山の境界のつなぎ目に少し違和感があります。
    山の境界に違和感がある
  6. ブラシサイズを小さくして微修正します。上手くいかない場合は、なぞる方向を変えてやり直してみて下さい。
    小さいブラシでなぞる
  7. トラクターが消えた部分の草原も色が均一で少し違和感があります。
    草原に違和感がある
  8. ここも色々なブラシサイズで方向を変えながら何回かなぞります。
    ブラシでなぞる
  9. こんな感じになりました。
    完成
  10. 修正したことを知らなければ、トラクターがあったのを見抜くのは難しいですね。
    修正前/後の比較
「修正ブラシ」「パッチ」ツールなども併用すると、さらに自然に消せます

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました