Affinity Photo: 複数のレイヤーの内容を同期できる「リンク複製」を使う

この記事は約4分で読めます。

キャンバスとリンクスタジオ

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、複数のレイヤーの内容を同期できる「リンク複製」の使い方について書いていきます。

少し複雑な機能ですが、一度理解すれば便利に使えるようになるはずですよ。

「Designer」には「シンボル」という同じような機能があります

スポンサーリンク

使い方

基本操作

  1. 「楕円」が1つあります。この「楕円」レイヤーを選んでいる状態です。
    キャンバスとレイヤースタジオ
  2. メニューの「レイヤー」→「リンク複製と進みます。
    メニューのリンク複製
  3. 複製したレイヤーを右下に移動しました。「レイヤー」スタジオを見ると、2つのレイヤーに「リンク」アイコンが付いています。2つのレイヤーがリンク(同期)されている証拠です。
    キャンバスとレイヤースタジオ
  4. 「リンク」スタジオ(メニューの「表示」→「スタジオ」→「リンク」)を使うと、リンクしている項目を見られます。右端に「リンク」アイコンが付いている項目がリンク中です。つまり今回は、すべての項目がリンクされています。
    キャンバスとリンクスタジオ
  5. 試しに片方の「楕円」の色(塗りつぶし)を変えます。すると、もう片方の「楕円」も一緒に変わりました。「塗りつぶしパラメーター」がリンクしているからです。
    キャンバスとリンクスタジオ
  6. さらに片方の「楕円」に境界線を付けると、もう片方の「楕円」にも付きました。「線スタイルパラメーター」がリンクしているからです。
    キャンバスとリンクスタジオ

リンクを解除する

  1. 全項目がリンクされている2つの「楕円」があります。
    キャンバスとリンクスタジオ
  2. 「ベクターシェイプパラメーター」の右端にある「リンク」アイコンクリックすると、アイコンが消えました。これで、この項目のリンクは解除されました。
    キャンバスとリンクスタジオ
  3. 試しに、片方の「楕円」を「ドーナツ型に変形」してみます。
    ドーナツ型に変換
  4. もう片方の「楕円」は変化しません。「ベクターシェイプパラメーター」のリンクを解除したからです。
    キャンバスとリンクスタジオ
  5. 「塗りつぶしパラメーター」と「線スタイルパラメーター」のリンクは継続しているので、色の変更は同期されます。
    キャンバスとリンクスタジオ

特定の項目だけリンクする

  1. 「楕円」と「三角形」があります。現在は、「楕円」レイヤーを選んでいる状態です。
    キャンバスとレイヤースタジオ
  2. ここで、「三角形」レイヤーを「塗りつぶしパラメーター」の左端にある黒い四角形ドラッグ&ドロップします。
    リンクスタジオとレイヤースタジオ
  3. すると、「塗りつぶしパラメーター」の右端に「リンク」アイコンが付きました。この項目がリンク(同期)された証拠です。
    キャンバスとリンクスタジオ
  4. 「三角形」の色(塗りつぶし)を変えると、「楕円」の一緒に変わりました。「塗りつぶしパラメーター」をリンクしたからですね。
    キャンバスとリンクスタジオ

「リンク」スタジオの見方

前述の解説で「リンク」スタジオの見方は大体触れましたが、もう少し詳しく見ていきましょう。

「リンク」スタジオは下図のような機能を持っています。

リンクスタジオの機能

リンクを開始

この部分にある黒い四角形にレイヤーを「ドラッグ&ドロップ」するとその項目のリンクが開始されます。一番上に「ドラッグ&ドロップ」すると、すべての項目がリンクされます。

リンクするパラメーター

リンクする項目(パラメーター)です。表示される項目(パラメーター)は選択するレイヤーの種類によって異なります。

表示されるパラメーター レイヤーの種類
ピクセル シェイプ カーブ 調整 フィルター テキスト
ピクセルコンテンツ
ブレンディングモード&範囲
不透明度&可視性
レイヤーエフェクト
ベクターシェイプ
ベクターカーブ
調整
ライブフィルター
塗りつぶし
線スタイル
テキスト

リンク中の別のレイヤーに移動

この部分にある「◀」「▶」をクリックすると、この項目(パラメーター)をリンクしている別のレイヤーに移動できます。

リンクのオン/オフ

この部分にある「リンク」アイコンをクリックすると、リンクを解除できます。解除されるとアイコンが消えます。一番上にあるアイコンをクリックすると、すべてのリンクを解除できます。

【余談】 テキストの挙動について

「テキスト」レイヤーでは、「塗りつぶし」「境界線」のリンクが「テキストパラメーター」で行われます。

この仕様だと「塗りつぶしパラメーター」と「線スタイルパラメーター」の存在意義がよく分からなくなるので、何だかしっくり来ません。

「Designer」では、「テキスト」レイヤーには「アピアランス」で境界線を1つしか付けられない制限があるので、「テキスト」だけ内部処理が違うのもしれません。

「塗りつぶし」と「境界線」のリンクが「テキストパラメーター」から独立してくれると、できることが広がるので、仕様を変更してほしいなと思っています。

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました