スポンサーリンク

Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る

この記事は約2分で読めます。

Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、範囲を変えられる「ガウスぼかし」フィルターを作っていきます。

画像のぼかす範囲を後から変更できるので、可逆的かつ自由度の高い編集ができます。

スポンサーリンク

操作手順

  1. このような画像を読み込みました。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  2. 「ペンツール」を選択。
    Affinity Photo ペンツール
  3. ぼかしたい範囲をカーブで囲みます。(カーブが見やすいように画像を薄くしています)
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  4. カーブを塗りつぶします。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  5. レイヤーの構造はこんな感じ。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  6. どのレイヤーも選択していない状態で、ライブフィルターの「ガウスぼかし」を作成。Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  7. 「ガウスぼかし」レイヤーが追加されました。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  8. 「ガウスぼかし」レイヤーを、「カーブ」レイヤーでマスクします。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  9. 「ガウスぼかし」レイヤーを、画像でクリッピングします。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  10. レイヤー構造がこのような状態になればOK。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  11. キャンバスはこんな感じ。カーブの範囲だけに「ガウスぼかし」が適用されていますね。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
例では「カーブ」でフィルターの範囲を指定しましたが、「シェイプ(図形)」など他のものでも可能です。

フィルターの編集

適用範囲を変える

  1. 「ガウスぼかし」の範囲を今よりも広くしてみましょう。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  2. 「カーブ」レイヤーを選択して……
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  3. カーブを変形すると、「ガウスぼかし」の範囲がこれに追従します。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る

適用範囲を全体的に広げる

  1. 「カーブ」レイヤーに、レイヤーエフェクトを掛けます。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  2. 「アウトライン」をオンにして、「半径」を大きくします。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  3. 半径の分だけ、「ガウスぼかし」の範囲が全体的に広がります。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る

「カーブ」レイヤーを拡大しても同じようなことはできますが、範囲を全体的に広げたいときの簡単な方法として使えます。

一時的に解除する

  1. 「ガウスぼかし」を一時的に解除してみます。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  2. 「ガウスぼかし」レイヤーを非表示にします。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る
  3. 「ガウスぼかし」が消えました。
    Affinity Photo:範囲を変えられる「ぼかし」フィルターを作る

コメント

タイトルとURLをコピーしました