【Affinity Photo】 「マクロ」で自分の操作を記録。自動化して楽をする方法

この記事は約4分で読めます。

「マクロ」スタジオ

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀なAffinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、自分の操作を記録して自動化できる「マクロ」機能の使い方について解説していきます。

よく繰り返す手順を「マクロ」として登録しておくと、ワンクリックで再現できるので、とっても便利ですよ。

スポンサーリンク

前準備

メニュー

マクロ」「ライブラリ」スタジオを表示していない場合は、メニューの「表示」→「スタジオから表示しておいて下さい。

「ライブラリ」を作成する

「ライブラリ」は、「マクロ」が保存される場所です。インポートしたものも自作したものも、ここに保存されます。

「カテゴリ」を追加する

「カテゴリ」とは、ライブラリの中を分類するフォルダーのようなものです。

自作のマクロを保存するための場所として、カテゴリ追加で作ってみましょう。

  1. ライブラリ」スタジオがあります。
    「ライブラリ」スタジオ
  2. 右上にある(メニュー)」→「新規カテゴリを作成と進みます。
    「ライブラリ」スタジオ
  3. 新しいカテゴリ「マクロ」が追加されました。(ドラッグ&ドロップで並び順を変更可能)
    「ライブラリ」スタジオ

カテゴリを追加できましたが、名前が「マクロ」と初期設定のままです。分かりやすい名前に変えていきましょう。

カテゴリの「名前」を変える

  1. カテゴリの右端にある(メニュー)」→「名前を変更と進みます。
    「ライブラリ」スタジオ
  2. 新しい名前を入力して「OK」をクリックします。今回は「ユーザー」にします。
    「ライブラリ」スタジオ
  3. カテゴリの名前を変更できました。
    「ライブラリ」スタジオ

これで、「マクロ」を保存する場所が用意できました。

「マクロ」を作成する

今回記録する操作(サンプル)

以前の記事で、周囲を暗くして「スポットライト」風にして目立たせる手法を紹介しました。

Affinity Photo: 見て欲しい所をスポットライト風にして目立たせる編集

簡単にいうと、半透明で黒い「塗りつぶし」レイヤーに、「ガウスぼかし」フィルターをかけるという操作を行っています。

この操作を「マクロ」に記録して、一瞬で作成できるようにしてみます。

手順を記録する

  1. 「マクロ」スタジオの左上にある「記録開始)」アイコンをクリックする。
    「マクロ」スタジオ
  2. まずは、「塗りつぶし」レイヤー使う色を選びます。今回は「黒」です。(塗りつぶしレイヤーの色は後から変えられないため)
    「カラー」スタジオ
  3. 塗りつぶし」レイヤーを作成します。
    「レイヤー」スタジオ
  4. 「塗りつぶし」レイヤーの不透明度を「50%」に変更します。
    「レイヤー」スタジオ
  5. 「塗りつぶし」レイヤーに、ライブフィルターの「ガウスぼかし」をかけます。
    「レイヤー」スタジオ
  6. 「ガウスぼかし」の半径を指定します。今回は「4px」にします。
    ライブガウスぼかし
  7. これで「スポットライト」の基礎は完成です。「マクロ」スタジオを見ると、これまでの操作がすべて記録されていますね。(各操作の右端にある「歯車」から設定値を調整可能)
    「マクロ」スタジオ
  8. 「■(記録停止)」アイコンをクリックして、「マクロ」の記録を終了します。
    「マクロ」スタジオ

これで「マクロ」を作成できましたが、この段階ではまだ仮記録の状態です。

今後いつでも使えるようにするには、「ライブラリ」に登録する必要があります。

「ライブラリ」に登録する

  1. 記録した「マクロ」があります。
    「マクロ」スタジオ
  2. 右上にある「ライブラリに追加」アイコンをクリック。
    「マクロ」スタジオ
  3. 作成したマクロの名前を入力(今回は「スポットライト」)。追加先の「カテゴリ」を先ほどライブラリで作成した「ユーザー」にして、「OK」ボタンをクリックします。
    「マクロ」スタジオ
  4. ライブラリの「ユーザー」カテゴリに、作成したマクロ「スポットライト」が追加されました。
    「ライブラリ」スタジオ

「マクロ」を使う

  1. このようなキャンバスがあります。
    キャンバス
  2. 「ライブラリ」スタジオから、適用する「マクロ」をクリックします。
    「ライブラリ」スタジオ
  3. マクロの内容が適用されました。
    キャンバス
  4. あとは、楕円などの「シェイプ(図形)」レイヤーを作って、ブレンドモードを「消去」にして、「塗りつぶし」レイヤーにクリッピング。これで「スポットライト」の完成です。
    キャンバスとレイヤー構造

その他の操作

「マクロ」スタジオにある他のアイコンで行える操作は、次のとおりです。

「マクロ」スタジオ

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました