スポンサーリンク

Affinity Photo: ベクター(シェイプ,カーブ)の内側をくり抜く

この記事は約3分で読めます。

Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

今回は、この Affinity Photo で、「ベクター」や「シェイプ」の内側をくり抜く方法について書いてきます。

スポンサーリンク

やりたいこと

  1. このようなキャンバスがあります。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く
  2. レイヤー構造はこんな感じ。「カーブ」も「楕円」も無劣化で編集できるベクター形式のレイヤーです。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く
  3. 「楕円」を「カーブ」の形でくり抜いて、背景が透けて見えるようにします。ただし、ベクターのまま(ラスタライズしないで)編集をするのが条件です。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く

ちなみに、くり抜いている形は、「ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」に登場する「天王寺 璃奈」ちゃんのメンバーアイコンです。Wi-Fi マークにネコ耳が付いてるデザインで可愛いですよね。

解決方法

2種類3種類の方法を紹介します。それぞれに長所と短所があるので、目的に合った方を使って下さい。おすすめは【方法3】です。

【方法1】 除外を使う

下記手順は、ツールバーに「ジオメトリ」を追加してある状態です。

  1. このようなキャンバスがあります。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く
  2. 「カーブ」と「楕円」レイヤーを選択。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く
  3. ウィンドウ上部にある「ツールバー」にある「除外」をクリック。(メニューの「レイヤ」→「ジオメトリ」→「除外」でもOK)
    Affinity Photo ツールバー ジオメトリ 除外
  4. できました。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く
  5. 「楕円」と「カーブ」は合成されて1つの「カーブ」レイヤーになりますが、ベクターは維持されます。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く

この方法は簡単で早いのが長所。ベクターで目的の形を作っている過程で使うのがおすすめです。

ただ、レイヤーが合成されてしまうのは短所。それが困る場合は次項の「方法2」を使ってみて下さい。

【方法2】 ブレンドモードを使う

  1. このようなキャンバスがあります。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く
  2. 「カーブ」レイヤーを選択して、ブレンドモードを「消去」にします。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く
  3. カーブの形でくり抜かれました。しかし、背景のレイヤーまで消えています。対処しましょう。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く
  4. 「カーブ」レイヤーを「楕円」レイヤーでクリッピングします。(「カーブ」と「楕円」をグループ化してもOK)
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く
  5. できました。
    Affinity Photo: ベクターやシェイプの内側をくり抜く

この方法はレイヤーの内容に変更を加えません。後からの編集に柔軟に対応できるのが長所です。

ただ、ブレンドモードの影響範囲を限定するために、クリッピングやグループ化の操作が必要。前項の「方法1」より少し手間がかかるのが短所です。

【方法3】 複合を使う(追記)

前項2つの方法の良い所どりをした「複合」という機能を見つけたので、追記しておきます。詳細はこちらの記事に書いたので、見てみて下さい。

Affinity Photo: ベクター(シェイプ,カーブ)を可逆的に合成する
こんにちは、さち です。 Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。 以前、この Affinity Photo でベクター(シェイプ,カーブ...

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました