【Affinity Publisher】 ピクチャフレームにレイヤーを入れるには特殊な操作が必要

この記事は約2分で読めます。

キャンバス

こんにちは、さち です。

InDesign の代替としてコスパが良い Affinity Publisher。DTP をしない人にも便利な機能が多くあり、他の Affinityシリーズ を使っているなら、ぜひ一緒に持っておきたいアプリです。

今回は、この Affinity Publisher にある機能「ピクチャフレーム」の使い方について書いていきます。

スポンサーリンク

外部ファイルを入れる

ピクチャフレームの使用目的としては、よく使うのは主にこちらだと思います。

  1. ピクチャフレーム」ツールを選びます。今回は「楕円」の方にします。
    ピクチャフレーム
  2. キャンバス上でドラッグして、ピクチャフレームを作ります。
    キャンバス
  3. ピクチャフレームを選択して、画面左上にある「画像の置換」をクリック。
    画像の置換
  4. 開く画像を選びます。
    ファイルを開く
  5. 「ピクチャフレーム」に「画像」ファイルが埋め込まれました。埋め込んだ「画像」は、スライダーでサイズを変更したり、矢印で移動や回転したりできます。
    キャンバス
手順「3」の代わりに、「画像配置ツール」でピクチャフレームをクリック、エクスプローラーにある「画像」ファイルをピクチャフレームにドラッグ&ドロップしても同様のことができます

同じキャンバス内の「レイヤー」を入れる

外部から「画像」ファイルを読み込むのではなく、同じキャンバス内にある他の「レイヤー」を「ピクチャフレーム」に入れたいこともあると思います。

その場合は、少し特殊な操作が必要です。

【NG!】クリッピングはダメ

下記は、ついやりたくなる操作方法ですが、正常に動作しないので注意して下さい。

  1. キャンバスに、「ピクチャフレーム」と「ピクセル」レイヤーがあります。
    キャンバス
  2. 「ピクチャフレーム」に「ピクセル」レイヤーをクリッピングします。
    「レイヤー」スタジオ
  3. しかし、「ピクチャフレーム」の ×印が消えず、サイズ調整のスライダーなども表示されません。ピクチャフレームが正常に動作していません。
    キャンバス

【OK!】コンテンツとして貼り付ける

  1. キャンバスに、「ピクチャフレーム」と「ピクセル」レイヤーがあります。
    キャンバス
  2. 「ピクセル」レイヤーを選択します。
    「レイヤー」スタジオ
  3. メニューの「編集」→「切り取りと進みます。(ショートカットキーは Win:Ctrl + X、Mac: + X
    切り取り
  4. キャンバスの「ピクチャフレーム」の上で、「右クリック」→「コンテンツとして貼り付けと進みます。
    コンテンツとして貼り付け
  5. 「ピクチャフレーム」に「ピクセル」レイヤーが埋め込まれました。サイズ調整のスライダーやなども表示され、「ピクチャフレーム」が正常に動作しているのが分かります。
    キャンバス
  6. 「レイヤー」スタジオを確認すると一見「クリッピング」みたいですが、「ピクセル」レイヤーのサムネイルの右下「ピクチャフレーム」アイコンがあります。これが「ピクチャフレーム」が正常に動作している証拠です。
    「レイヤー」スタジオ

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました