【Affinity】 普通の点線(破線)、一点鎖線、二点鎖線を描く方法

この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています

イメージ

こんにちは、さち です。

Illustrator の代替としてコスパが良い Affinity Designer。低価格なのに高機能で、本格的なドロー(ベクターを描く)アプリです。

今回は、この Affinity Designer で点線を描く方法について書いていきます。

以前の記事でも触れた内容ですが、Affinity V2 になって機能が進化したので、改めて記事にまとめておきます。

この記事の内容は「Photo」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

点線の描き方

点線を描く

  1. 「ペンツール」などでベクターの線を描きます。シェイプ(図形)やテキストでもOKです。
    キャンバスの画面
  2. 境界線の設定で、スタイルを「破線」にして、一番下にある点線の設定で左側の2マスに「数値」を入力します。
    Affinity の画面
  3. 点線を描けました。
    キャンバスの画面

一点鎖線を描く

  1. 「ペンツール」などでベクターの線を描きます。シェイプ(図形)やテキストでもOKです。
    キャンバスの画面
  2. 境界線の設定で、スタイルを「破線」にして、一番下にある点線の設定で左側の4マスに「数値」を入力します。
    Affinity の画面
  3. 一点鎖線を描けました。
    キャンバスの画面

二点鎖線を描く

この方法はバージョン2.1以降で使用できます
  1. 「ペンツール」などでベクターの線を描きます。シェイプ(図形)やテキストでもOKです。
    キャンバスの画面
  2. 境界線の設定で、スタイルを「破線」にして、一番下にある点線の設定で左側の6マスに「数値」を入力します。
    Affinity の画面
  3. 二点鎖線を描けました。

描かれる点線と数値の関係

「線」と「空白」の数値

点線の設定と描かれる線の関係

入力した「数値」と、実際に描かれる「点線」の関係は、上図のように「線」と「空白」の長さを交互に指定しています。

指定する数値は、線の「幅(太さ)」を1倍としています。

例えば上図で、「2」と入力した「空白」は線の幅(太さ)の「2倍」の広さになっていますし、「3」と入力した「線」は線の幅(太さ)の「3倍」の長さになっています。

フェーズ

点線の設定と描かれる線の関係

「フェーズ」は、点線の開始位置を調整する数値です。(後述の「点線のバランスを取る」がオンのときは、この機能を使用できません)

上図のピンク色の数字のように、「0」にすると点線は1つ目の線から始まりますが、数字を大きくすると、その分だけ点線の開始位置が移動します。

上図の点線の場合、数値が「21」になると開始位置が一周して、「0」のときと同じ状態になります。

点線のバランスを取る

境界線の設定画面

一番右にある点線の四角形のボタンは、点線をバランスよく配置する機能です。(この機能がオンのときは「フェーズ」を使用できません)

点線の「始点」「終点」や、シェイプ(図形)の「角」に空白が来ないように、線の位置を自動で調整してくれます。

詳しくは下記リンク先の記事で書いているので、併せて読んでみて下さい。

【Affinity V2】 「点線(破線)」の線をカドに自動で配置する

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました