こたつのヒーターを自力交換したけど超簡単だったという話

この記事は約5分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

先日、両親から「こたつが壊れた」と相談されました。

どうも、こたつの電源が接触不良を起こしているらしい。これは買い替えか…と思いましたが、壊れた箇所だけを自力交換することで解決できました。

スポンサーリンク

コードが破れて危ない!

電源の接触不良の原因は恐らくコード…? そう思いコントローラー付近を調べてみると、コードの被覆が破れて中の銅線がむき出しになっていました。こちらが実際の写真。これはひどい&危険!
操作画面

ただ、家具としてのこたつは目立った傷みもなくキレイなので、コントローラーだけを買い換えようという話になりました。

しかし、ここで問題発生! 同じ型番のコントローラーが全然見つからないのです。ネットで探しても、出てくるのは販売終了の表示ばかり…。

こたつを丸ごと買い換えるしかないか…と落胆したとき、「ヒーター」だけを買い換える方法をふと思い付きました。

ヒーターを確認してみると長年の使用による汚れや傷みが結構あります。結果、「ヒーター買い換え案」が採用されました。

こたつってこんなに種類があるの!?

こたつヒーターについて調べるとすぐ情報が見つかりました。ヒーター部分のみの販売も普通に行われているんですね。

このとき、こたつヒーターにも種類があることを知りました。それが「石英管」「ハロゲン」「コルチェ」の3つ。

コ、コルチェ…?ドルチェじゃなくて? はじめて聞いたわ…。

石英管ヒーター

いわゆる「ニクロム線」です。立ち上がりが遅く暖まるまでに時間がかかります。ただ、遠赤外線が多く出るので体の芯まで温まります。値段は、3つの中で一番安いです。

ハロゲンヒーター

扇風機型の「ハロゲンヒーター」として有名な熱源です。立ち上がりが速くすぐに暖かくなります。値段は、3つの中では中間です。

コルチェヒーター

「赤石英管ヒーター」のことで、名前のとおり赤い光を出します。ハロゲンヒーターの進化版と思えばよいです。立ち上がりはハロゲンよりさらに速く超速暖です。ハイテク! 値段は、3つの中で一番高いです。

ヒーターのまとめ

各ヒーターの特徴をまとめるとこんな感じ。
比較表

両親から『今までのヒーターは温まるのが遅かった』と愚痴が出たので、少し値は張りますが「コルチェヒーター」を選ぶことにしました。

どの種類を選ぶかにもよりますが相場は約5000~8000円のようです。こたつを丸ごと買い換えるよりは断然安いですね。

すぐ欲しいので家電量販店で購入

両親からは、こたつがないと寒くて困るという要望。コードが破れたまま使うのは火災の危険があるので、今すぐ交換しなくてはいけません…。

調べてみると、家電量販店でも交換用ヒーターが売っているとのこと。全然知らなかった…。

実際に店へ行ってみるとこたつコーナーの端で発見。メトロ電気工業製の「コルチェヒーター」を無事にゲット! ネットより高かったですが、すぐに必要だったので仕方ないですね。
写真

箱の中身は「ヒーター」「コントローラー」「スペーサー」「ビス」。
図説

実物はこんな感じ。「ヒーター」と「コントローラー」。これがないと始まらない。コントローラーは「弱, 1, 3, 5, 7, 強」の表示で無段階調節です。
写真

一部の機種で必要な「スペーサー」と、取り付け用の「ビス」が2種類。
写真

取扱説明書(メーカーサイトからもダウンロード可)。
写真

交換はたった10分で完了

一般的なこたつなら大体交換に対応しています。今回交換したこたつは「3」番の種類で、ネジ間隔が 22cm と少し広いもの。付属のスペーサーを使う必要がありますが取り付け可能です。
図説
※クリックで拡大

  1. まずは、ヒーターにスペーサーを付けます。向きを確認して4箇所をビスで止めるだけです。(ネジ間隔が 20cm の場合、スペーサーは不要)
    図説
  2. 次に、古いヒーターを外します。これもビスで止まっているだけなのでドライバーで簡単に外せます。あとは、同様に新しいヒーターをビスで止めるだけ。
    図解

最後に、コントローラーのプラグをヒーターに挿し込んで完了。所要時間たったの10分。交換は超簡単でした。

交換後、早速使ってみましたが電源を入れるとすぐに温かい! 「前のものより温かい!」と高評価でした。

こたつの中は真っ赤な誓い光で満たされます。まるでフィルム写真の暗室みたいでちょっと怖い。でも、あったか~い。

ちなみに、1時間あたりの電気代は、「強(約65℃)」で4.4円、「弱(約42℃)」で1.8円です。こたつの電気代って意外とこれくらいで済むんですね。「強」だと熱いくらいなので、「弱」での使用で十分そうです。

まとめ

以前、「ウォシュレット」を自力交換したんですが、それはもう「大変」「面倒」「疲れる」の三拍子でした。

それに比べてこたつヒーターの交換の簡単さですよ。ドライバーで4箇所のビスを回すだけ。子供でもできる簡単さです。

こたつを丸ごと買い替えると結構なお値段なので、ヒーター や コントローラー が壊れただけなら自力で交換しましょう。5000~8000円で買えるしホント簡単にできますから。

私は「メトロ電気工業」製のものを購入しましたが、実は山善製も中身はメトロ電気工業製のようです。いわゆる「OEM」というやつですね。

「赤いコルチェ」というキャッチフレーズが同じ、箱裏の解説もまったく同じ。コントローラーも同じなので、そういうことなのでしょう。

山善製には高機能コントローラーのものもあるので、あえて山善製を選ぶのもよいかもしれません。

石英管ヒーター
ハロゲンヒーター
コルチェヒーター

コメント

  1. grasscrown13@live.jp より:

    とても参考になりましたm(__)m

  2. こゆ より:

    ヒーターにこんなに種類があるなんて知りませんでした
    とても分かりやすい記事でした

    ありがとうございます

  3. おたくさ より:

    興味深く拝読させていただきました。
    こたつを買ったのですが、オフシーズンに普通のテーブルとして使いたいと思いヒーターの出っ張りが小さいものを選びましたが、結構出っ張っています。
    そこでヒーターを取り外して使えないか?と思い始めました。

  4. こたつ より:

    山善制のコントローラーもメトロ性です。
    つまりどちらも同じヒーターですね。

タイトルとURLをコピーしました