スポンサーリンク

フォントワークスのフォントが無料で使えるらしいので試してみた

この記事は約2分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

最近、話題になっている「CloudAlpaca」。
「フォントワークス」のフォントが無料で使える(商用利用可)というから
そりゃあ、みんながザワつくわけですね。

ということで、フォントを確認してみるため
実際に「CloudAlpaca」を使ってみました。

スポンサーリンク

フォントサンプル

CloudAlpaca で使用できるフォントワークスのフォントは9種類。
順に見ていきましょう。

フキダシのセリフにピッタリな「アンチックセザンヌ Pro」
サンプル

ホラー&ミステリー風な雰囲気を持つ「コミックミステリ Std」
サンプル

カクカクした楔(くさび)形が特徴的な「コミックレゲエ Std」
サンプル

存在感がありつつやわらかさもある「スキップ Std」
サンプル

可愛らしい丸ゴシックの「スーラ Pro」
サンプル

力強いゴシック体「ニューロダン Pro」
サンプル

上品な明朝体「マティス Pro」
サンプル

クルッとしたひらがなとカタカナが特徴的な「マティスえれがんと Pro」
サンプル

古風&禍々(まがまが)しい雰囲気の古印体「万葉古印ラージ Std」
サンプル

ちなみに、「マティス EB」は「エヴァンゲリオン」のフォントとして有名。
「マティス Pro」で「太字」にチェックを入れると使用できますよ。
サンプル

使い方

  1. 「CloudAlpaca」を起動するとクラウドサービスのウィンドウが表示。
    ここでログインをしないとフォントワークスのフォントは使えません。
    サンプル
  2. テキストの入力画面はこんな感じ。
    直接キャンバスに文字を打つわけでなく、下のテキストエリアに入力します。
    サンプル
  3. 「CloudAlpaca」に収録されているフォントは、先ほどの9つを含めて20個。
    頭に「FOT」が付くものはクラウドサービスにログインしないと使えません。
    (「IPA」と「Noto Sans」は元々フリーフォントです)
    サンプル

ちなみに、「クラウドテキストを使用する」のチェックを外すと
PC に入っているフォントを使用できます。

フォントワークスの書体が無料で使用できて
その上、商用利用も OK というのはすごいですね。

「CloudAlpaca」自体はフリーソフトなので
興味がある人はダウンロードしてみて下さい。

【追記】
現在はソフトの名前が変わり「MediBangPaint」になっていますが
ソフトもフォントも無料で使用できるのは同様です。

   → 「CloudAlpaca」のダウンロードページ - CloudAlpaca公式サイト

【関連記事】

   → 「キルラキル」のフォントが無料で使えるらしいので試してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました