スポンサーリンク

iPhone:誤って閉じてしまった Safari のタブを復元する

この記事は約1分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

iPhone で Safari を使ってネットをしている時に
必要なタブを間違えて閉じてしまったことはありませんか?

閉じてしまったタブ(サイト)を
「履歴」から探し出すは地味に大変なんですよね…。

そんなあなた!
もっと簡単な方法で復元できますよ!

スポンサーリンク

閉じてしまったタブを復元する

下記の方法は iOS8以降 で利用できます
iOS7 以前ではできないのでご注意を!

  1. 「Safari」でタブ一覧を表示。
    操作画面
  2. 「Google」のタブ閉じました。
    操作画面
  3. しまった、間違えた!
    まだ「Google」を使うつもりだったのに!
    操作画面
  4. そんな時は、下部の「+」を長押し(ホールド)します。
    操作画面
  5. 「最近閉じたタブ」が表示。「Google」をタップします。
    操作画面
  6. 「Google」のタブを復元できました。
    操作画面

Safari を完全終了(Appスイッチャーでアプリキル)すると
「最近閉じたタブ」の履歴も消えてしまうので注意。

アプリ自体終了したんだからタブを閉じたのは「最近」じゃないわ!
ということなんでしょう。

iOS7以前 には無かった機能ので
iPhone 一筋の愛用者でも知らない場合があるかも。

似た機能に、「履歴」がありますが
「履歴」はタブを開いた順に並んでいます
「最近閉じたタブ」は閉じた順なので微妙に仕様が違います。

「+」を長押しするだけの小技ですが
意外と役立つのでぜひ覚えて使ってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました