スポンサーリンク

エクセル:「セルの書式設定」で改行を入力する方法

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

今回は、エクセル(Excel)の「セルの書式設定」で改行を入力する方法
について書いていきます。

スポンサーリンク

操作手順

操作画面

上のように、現在「B1」セルは「星空凛(センター)」と入力してあります。
これを「星空凛」とだけ入力すれば
自動で改行後に「(センター)」と表示するように変更します。

  1. 「B1」セルの「(センター)」を削除しました。
    「B1」セルにカーソルを合わせた状態で「Ctrl + 1」キーを押し
    「セルの書式設定」を開きます。
    操作画面
  2. 「表示形式」タブ→「ユーザー定義」の順にクリック。
    操作画面
  3. 「種類」に「@"(センター)"」と入力。
    (「@」はセルの内容を文字列として表示することを意味します)
    操作画面
  4. 改行する位置にカーソルを合わせ、「Ctrl + J」キーを押します。
    操作画面
  5. 改行できました。
    「OK」ボタンをクリックして「セルの書式設定」ウィンドウを閉じましょう。
    操作画面
  6. 「B1」セルに「星空凛」と入力するだけで
    改行後に「(センター)」と表示するようにできました。
    操作画面

ちなみに、手順「4」(「Ctrl + J」キー)を行わない場合は
「改行」がないため1行で表示されます。
操作画面

ということで、
「セルの書式設定」での改行入力は「Ctrl + J」キーです。

同じような操作に、「セル」編集時の改行入力がありますが
こちらは「Alt + Enter」キーです。
機能は似ているのに使用するキーが全然違います。
ややこしいので間違えないようにしましょう。

【関連記事】

   → エクセル(Excel)で知ってると便利なこと 目次

コメント

タイトルとURLをコピーしました