スポンサーリンク

iPhone:スクフェスのスクショに付く左右の黒帯を一発切り抜き

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

先日、「スクフェス」のスクリーンショット(以下:スクショ)を撮りました。

iPhone6 だとスクショの両サイドに黒帯が付いてしまうので
手動でトリミング(切り抜き)していたのですが
指での操作が細かすぎてぴったりトリミングするのは至難の業!

スポンサーリンク

手動でピッタリ切り抜くのは難しい

  1. 例えば、このような「スクフェス」のスクショ。
    画面サイズの関係で両サイドに黒帯が付いてしまいます。
    操作画面
  2. 「写真」アプリでピッタリと切り抜くには絶妙な操作が必要。
    ことりちゃんは可愛いけれど、トリミングは面倒くさい!
    操作画面

もっと簡単にできる方法を使いましょう。

比率(アスペクト比)を選ぶ

世の中の画面の縦横比(アスペクト比)は大体決まっているので
これを指定することでもっと簡単にトリミングできます。

  1. 「写真」アプリで画像を開いて「編集」をタップ。
    操作画面
  2. 「トリミング」アイコンをタップ。
    操作画面
  3. 「右下」にある「縦横比(アスペクト比)」アイコンをタップ。
    操作画面
  4. 色々な比率(アスペクト比)があるので合うものをタップ。
    今回は、「3:2」を選びます。
    操作画面
  5. 白い枠が一発でピッタリ!ものすごく楽です。
    手動で合わせていた苦労は完全に無駄でした。
    操作画面
  6. 右下の「終了」アイコンをタップ。
    操作画面
  7. 左右の黒帯だけをキレイに切り取れました。
    操作画面

基本的に、アプリのスクショで
「左右(または、上下)」に黒帯がつく場合は
「3:2(または、2:3)」を選べばキレイに切り取れます。
(iPhone4S 以前の画面縦横比(アスペクト比)が「3:2」のため)

カード画像の場合は「5:7」

カード画像は画面より少し小さいので
「5:7」を使用するとピッタリ切り抜けます。

  1. このカード画像を切り抜いてみます。
    操作画面
  2. 画像を90度回転させたあと、「5:7」を選択。
    操作画面
  3. ピッタリ切り抜けました(・8・)
    操作画面

今回は、スクフェスのスクショを例にしましたが
他の画像も適切な比率(アスペクト比)を選べば大体キレイに切り抜けます。
手動操作はすべての比率(アスペクト比)が合わなかった時だけで十分です。

アプリのスクショをよく撮る人は
このトリミング方法を覚えておくと簡単で便利ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました