2020年のブログ最終更新は12/23(水)の予定です

蛍光灯の色名を各メーカーが好き勝手に付けてて困った話

この記事は約3分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

そろそろ大掃除はじめないとヤバイなと思っていると
蛍光灯が切れかけてパカパカしはじめました。

急遽、取り替えるために
いつもとは違う近場の店に蛍光灯を買いに行きます。

ズラッと商品ならぶ電球・蛍光灯コーナー。
いつもは実際に点灯している蛍光灯の見本を見て
一番白っぽい色(=昼光色)を買うのですが
あいにくその店には点灯している見本がありません。

仕方なく、昼光色の蛍光灯を物色していると
各メーカーが色の名前を独自に付けている…。
「クリアデイライト色」って一体何色だよ!?ヘルプミー!

ということで、ちょっと調べてみます。

スポンサーリンク

まずは、3種類の色を再確認

蛍光灯,LEDランプ の色には
電球色」「昼白色(ちゅうはくしょく)」「昼光色(ちゅうこうしょく)」の3種類があります。
各色の特徴を簡単におさらいしましょう。
表

「色温度」は、簡単に言うと白の色味を表すものです。
色温度が低いと赤みのある白、高いと青みのある白になります。

各色と色温度の関係を図にするとこんな感じ。
イメージ
※注意:あくまでイメージであり実際の色を示すわけではない

昼の太陽光が 5000~6000K 程度なので
その色温度に近い「昼白色」「昼光色」には
「昼」という文字が入っているのでしょうか。

色の種類には、「電球色」と「昼白色」の間にさらに
3500K の「温白色(おんぱくしょく)」,4200K の「白色」がありますが
あまり見かけません。

多くの人は普通の白色を選びたいと思うでしょう。
では、「昼白色」を選べばいいかというとそうでもありません。

実は、日本人はやや青みのある白色をより白く感じるので
昼白色より昼光色の方が白く感じる傾向があります

実際、テレビの色温度は 9300K とさらに高く
白色はかなり青白いはずなんですが違和感ないですよね。
一時期話題になった iPhone の尿液晶(白が黄ばんで見える液晶)は
青白い色を好む日本人の傾向が関係していたとも言われています。

各メーカーごとの色の名前

表

各メーカーが独自に色の名前を付けていることが多く
訳がわからないことになっています。
(一般的な色名も小さく併記している場合もあります)

実際、蛍光灯を買いに行ったとき
各メーカーで色名がバラバラで混乱しかけました。
(LEDランプ は一般的な色名での表記が多い)

東芝は凝った名前すぎて伝わらないパターンで
逆に、日立はシンプルすぎて伝わらないパターンでしょうか。
一番想像が付いて伝わりやすいのはNECな気がします。

商品パッケージの色は各メーカー共に似ていて
「電球色」は、赤やオレンジ
「昼白色」は、緑
「昼光色」は、青
であることが多いようです。

ちなみに、人間は 5300K 以上で涼しい感じを受け
3300K 以下では暖かい感じを受けるらしいので
夏は「昼光色」、冬は「電球色」にするのも面白いかも。

年末の大掃除で蛍光灯を取り替えるときは
くれぐれも色名にご注意ください。

【参考サイト】

   → 色温度 - wikipedia
   → 光源の光色と演色性 - Panasonic

コメント

タイトルとURLをコピーしました