スポンサーリンク

Sublime Text 3:「Ctrl + D」でも大文字/小文字を区別したい

この記事は約2分で読めます。

イメージ

こんにちは、さち です。

コーディングに便利なテキストエディタ「Sublime Text 3」。
特に、「Ctrl + D」キーで同じ単語をまとめて選択できる機能
「Expand Selection to Word」は超便利。

しかし、この機能を使っているときにふと思いました。
大文字/小文字を区別して選択できないの…?

スポンサーリンク

「Ctrl + D」でも大文字/小文字を区別して欲しい

  1. 大文字/小文字の違いがある同じ単語たち。
    操作画面
  2. 「Ctrl + D」キーを押していくと…
    操作画面
  3. 大文字/小文字の区別なく、同じ単語が順に選択されます。
    操作画面

「Ctrl + K」→「Ctrl + D」で選択をスキップできるので
人力で大文字/小文字を区別すれば済むことではあります。
でも、数が多いとものすごーく面倒くさいですよね…?

解決方法

  1. 「Ctrl + F」キーで「検索」を表示。大文字/小文字の区別を有効にします。
    操作画面
  2. この状態で、「Ctrl + D」キーを押していくと…
    操作画面
  3. 大文字/小文字が一致する単語だけが選択されます。
    操作画面

こういう動作になるということは、
「Ctrl + D」は「検索(Ctrl + F)」と連動しているってことなんですかね?
確かに、「Ctrl + D」は検索と選択を同時にするような機能ですし。

ちなみに、「Ctrl + D」での大文字/小文字を区別する効果は
「検索」バーを閉じた後も持続します。
設定を変更したいときはその都度「検索(Ctrl + F)」を開きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました