スポンサーリンク

エクセル:マクロが使えない!マクロ付きファイルも開けない!

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

先日、新しいPC が届き、旧PC からの移行をしました。

作業が一段落し、試しにエクセルを開いてみると
「マクロ」のアイコンがグレーアウトしていて使えないことに気づきました。

試しに、マクロを含むファイルを読み込んでみると
ダイアログが出て「破損」やら「回復」という恐ろしい単語が…。

スポンサーリンク

エクセルのマクロが色々おかしい?

マクロ関連のアイコンがグレーアウト。クリックできずマクロが使えません。
操作画面

また、マクロを含むファイルを開いてマクロを有効化すると…
操作画面

超長いダイアログが出てきます。もちろん、マクロは動きません。
操作画面
※クリックで拡大表示

全文を書き起こしてみると下記のとおり。

このブック内の Visual Basic for Application (VBA) マクロは破損しており、削除されました。マクロの破損は現在のファイルに存在する可能性があります。マクロを回復するには、このファイルのバックアップ コピーを開いてください (バックアップ コピーがある場合)。

「破損」「削除」「回復」など物騒な言葉が並んでいます。
何がどうなってしまったの……!?

VBAが未インストールなだけだった

下記は Office 2010(インストールディスクあり) での方法です。
古いバージョンですみません。
他のバージョンでは異なる部分があるかもしれないので注意して下さい。
(そもそも、現行の Office はインストールディスクがあるのか…?)

  1. インストールディスクを PC で起動。
    「機能の追加/削除」を選択して「続行」をクリック。
    操作画面
  2. ダイアログでも出てきた「Visual Basic for Applications」に「×」印が付いています。
    VBA をインストールしましょう。
    操作画面
  3. 「ドライブ」のアイコンをクリックして、「マイ コンピュータから実行」を選択。
    操作画面
  4. 「×」印が消えました。
    一応、「VBA プロジェクトのデジタル証明書」もインストールしておきます。
    操作画面
  5. 「続行」をクリック。
    操作画面
  6. インストールできました。
    操作画面
  7. エクセルを起動すると、マクロが使えるようになっていました。
    また、マクロを含むファイルも正常に開けるようになりました。
    操作画面

今回の原因は、私が Office をインストールするときに
「Visual Basic for Applications(VBA)」を含めなかったことでした。
マクロが使えないのも当然です。

VBA 関連は「Office ツール」に含まれていると思い
さらに、「Office 共有機能」というネーミングから
ファイル共有機能だと思い不要と判断したのが失敗でした。

ただ、ダイアログには「破損」とあり
最初は Office のインストールに失敗したのかと思ったので
「VBA がないぞ!」みたいな表現なら慌てずに済んだかもしれない…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました