2020年のブログ最終更新は12/23(水)の予定です

Gmail をハードディスクにしちゃおう

この記事は約3分で読めます。

こんにちは、さち です!

皆さんはフリーのメールアドレスを持ってますか?
自由にメールアドレスが取得できるので使い分けなどもできて便利ですよね。
フリーメールの有名どころは以下の通りです。

サービス名 容量 アドレス
Gmail 6.8GB以上 sample@gmail.com
Yahoo!メール 1GB sample@yahoo.co.jp
gooメール 25MB sample@mail.goo.ne.jp
infoseekメール 50MB sample@infoseek.jp
@niftyメール 3GB sample@nifmail.jp
Windows Live Hotmail 5GB sample@hotmail.co.jp
sample@live.jp
au one メール 6GB sample@auone.jp
Exciteメール 4MB sample@excite.co.jp
livedoor メール 2GB sample@livedoor.com

見たとおり有名どころのフリーメールの中では Gmail の容量が一番多いのです。
しかも Gmail のページを見ると分かりますが容量はたった今も増え続けています。

なかなか Eメール だけで6.8GB以上という容量を使い切ることはないと思います。
せっかく大容量なのにあまってるとなると何かもったいないような気がしますよね?

実はこの Gmail の使い切れない容量を
自分のハードディスクとして使うことができるのです。

その方法は


Gmail Drive というソフトを導入するだけです!

これで Gmail の容量をハードディスク化してしまえば
ちょっとした外付けハードディスク代わりにもなりますからバックアップにも使えます。
(非公式の使い方なので重要なデータのバックアップには使わないようにしましょう)
USBメモリ代わりに使うとメモリを持ち運ぶ必要がないので便利でかもしれません。

仕組みはとっても簡単で
保存するファイルを添付ファイルとしてGmailサーバに送ってるだけみたいです。
なのでファイルのダウンロードも Gmail にログインすればできるので
保存したファイルはネットさえつながっていればどのパソコンからも可能です。

注意点がいくつかあるので気をつけて下さい。

  • 転送速度はちょっと遅め
  • 保存できるファイルのサイズは添付ファイルの上限(20MB)まで
  • ファイル名は半角37文字まで(拡張子を含む)

以上の理由のため大きなファイルを保存したいときは
専用ソフトで分割してアップロードするようにしましょう。

Gmail Drive 自体は海外のソフトなので基本は英語なのですが
日本語パッチもあるのでインストール後の実際の操作は日本語でできます。

気になった人はぜひ使ってみて下さいね!
ダウンロードはこちらから。

   → Gmail Drive をダウンロード(「Softpedia Secure Download (US)」 をクリック)

日本語パッチは Gmail Drive と同じバージョンのものをダウンロードして下さいね。

   → Gmail Drive の日本語パッチをダウンロード

コメント

タイトルとURLをコピーしました