iPhone:Dropbox上のテキストファイルを編集(Windows向け)

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

先日の記事で紹介したとおり
Dropbox の iPhoneアプリ にもテキスト編集機能が付きました。

ただ、編集するとテキストの改行コードが「LF (UNIX)」になってしまう仕様。
これだと、Windows の「メモ帳」など一部のテキストエディターで
改行が正常に反映されないという問題が発生します。
そのため、Windows ユーザーにはイマイチな使い勝手。

以前紹介した
Dropbox 上のテキストファイルを編集できる iPhoneアプリ「Nebulous Notes」
テキストファイルの閲覧に若干不備があり困ったところ……。
(しかも、App Store でのアプリ公開自体がすでに終了している)

そんな時、App Store を見ていると「Permanote」というアプリを発見。
なんと、Nebulous Notes の後継アプリのようです。
見た感じ、使い方もほとんど同じっぽい。

早速、使ってみます!

スポンサーリンク

Permanote と Dropbox と連携する(初期設定)

Permanote から Dropbox にアクセスできるように連携します。
こちらの操作は初回起動時のみ行います。

  1. 画面左上にある「フォルダー」アイコンをタップ。
    操作画面
  2. 画面右下にある「歯車(Settings)」アイコンをタップ。
    操作画面
  3. 「Connect Dropbox」をタップ。
    操作画面
  4. 「Dropbox」をタップ。
    操作画面
  5. 「許可」をタップ。
    操作画面

これで、Permanote と Dropbox の連携は完了。

Dropbox 上にあるテキストファイルを編集する

  1. 画面左上にある「フォルダー」アイコンをタップ。
    操作画面
  2. 編集したいテキストファイルをタップ。
    操作画面
  3. テキスト部分をタップすると編集モードになります。
    キーボードを使ってテキストを編集しましょう。
    操作画面
  4. 画面右上にある「Done」をタップして編集を終了。
    編集後のテキストファイルは自動で同期されます。
    操作画面

Permanote で編集したテキストファイルを PC で開いてみました。
ちゃんと改行コードが「CR+LF (Windows)」になっています。
これなら、「メモ帳」で開いてもちゃんと改行が反映されますね。
操作画面

改行コードがおかしい場合

  1. Permanote の「Setteings」を開きます。
    操作画面
  2. 「More Settings」をタップ。
    操作画面
  3. 「Notepad/CRLF Lines」を「オン」にします。
    操作画面

アプリ「Permanote」のダウンロードはこちらからどうぞ。
無料でダウンロードできます(アプリ内課金あり)。

Download on the App Store

コメント

タイトルとURLをコピーしました