スポンサーリンク

SteelSeries:キーに「:(コロン)」を割り当てる方法がややこしい件

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

先日、エクセルで時間入力をしていました。

数字はテンキーで入力すると早くて便利!
でも、時間入力には「:(コロン)」キーが必要。
「:(コロン)」はテンキーから離れたところにあるので
片手入力だと、いちいち手を移動させるのが面倒です。

そういえば、「NUM LOCK」キーを押す機会ってほぼないなぁ。
(NUM LOCK は自動で「オン」になっているし「オフ」にする機会もない)
じゃあ、「NUM LOCK」キーに「:(コロン)」を割り当てればいいよね!

ということで、
使用しているキーボード Apex [RAW] でそれをやってみたんですが
ちょっとした罠にハマりました……。

スポンサーリンク

「:(コロン)」がない!?

操作画面

キーコンフィグからキーの割り当てを変更して
「NUM LOCK」を押したら「:(コロン)」が出るようにします。

しかし、キーの機能を変更しようとしても「:(コロン)」がありません。
「;(セミコロン)」はあるのに何で!?
「;(セミコロン)」次は「’(クォート)」になってるし!

「:(コロン)」はある。ただし「’(クォート)」から出る。

仕方ないので、「:(コロン)」を打つマクロを作って
それを「NUM LOCK」キーに適用することにします。

  1. マクロエディターで「:(コロン)」キーを押すと、「’(クォート)」が出ました。
    あ……。マクロの作成は中止です。
    操作画面
  2. 「:(コロン)」キーの初期設定を確認してみると「’(クォート)」になっています。
    操作画面
  3. あーそーゆーことね(以下略
    ポプテピピック
  4. 「NUM LOCK」キーを「’(クォート)」に変更。
    操作画面
  5. これで、「NUM LOCK」キーを押すと「:(コロン)」が出るようになりました。
    操作画面

後で調べて分かったんですが
「:(コロン)」が「’(クォート)」になっている原因は
日本語仕様キーボードと英語仕様キーボードの違いのようです。

日本語仕様と英語仕様ではキーの配置が微妙に異なり
日本語で「:(コロン)」がある場所は、英語だと「’(クォート)」なんです。
(英語仕様は、「Shift + ;(セミコロン)」キーで「:(コロン)」が出るらしい)

外観(キーコンフィグの画面)が日本語仕様でも
中身(割り当てるキーの表示)は英語仕様のままで
それが原因でこのような問題が起きているみたいです。
(なぜ、割り当てるキーの表示を日本語仕様に合わせないのかは謎)

英語仕様と日本語仕様で配置が異なるキーは他にもあるようで
これらのキーは「:(コロン)」と同じく外観と中身で表示が異なります。
SteelSeries 製の日本語キーボード、ややこしいですね……。

語ってみました
スポンサーリンク
よかったらフォローしてね!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
知らなきゃ絶対損するPCマル秘ワザ

コメント

タイトルとURLをコピーしました