スポンサーリンク

Windows:タスクマネージャーでCPU使用率をスレッド毎に表示

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

タスクマネージャーの「パフォーマンス」タブでは
通常、マルチコアCPU でも使用率グラフは1つしか表示されません。

コアやスレッド毎の CPU使用率 を確認したい時には
毎回、「リソースモニター」を開いて確認していたんですが
つい先日、ものすごく無駄なことをしていたと気づきました……。

タスクマネージャーでも
CPU のコアやスレッド毎の使用率を表示できたんですね。

スポンサーリンク

CPU のグラフをスレッド毎に表示する

  1. タスクマネージャーの「パフォーマンス」タブの様子。
    通常、「CPU」のグラフは1つだけですよね。
    操作画面
  2. 右側エリアで「右クリック」→「グラフの変更」→「理論プロセッサ」と進みます。
    操作画面
  3. すると、理論プロセッサ(スレッド)毎のグラフが表示されます。
    グラフの数は使用している CPU によって異なります。
    (画像では、4コア8スレッドなので8個のグラフが表示)
    操作画面

Win7 は最初からグラフが複数出ていたのに
Win10 は1個しかなく(初心者用に)簡略化されたのかと思ったんですが
やっぱり、複数出す方法があったんですね。

一度、グラフの表示を切り替えれば
次回、タスクマネージャーを起動してもその設定が維持されています。

例では、CPU で操作を行いましたが
GPU(Fall Creators Update 以降) でも同様のことができます。

コンパクト表示をする

確認用に CPU 等の「パフォーマンス」を表示したままにする時は
表示をコンパクトにすると便利です。

  1. 右側エリアで「右クリック」→「グラフの要約ビュー」と進みます。
    操作画面
  2. 表示が「グラフ」のみになりコンパクトになります(CPU 以外でも可能)。
    操作画面
  3. ちなみに、左側エリアで「右クリック」→「要約ビュー」と進むと……
    操作画面
  4. リソース一覧をコンパクト表示できます。
    操作画面

タスクマネージャーをコンパクト表示して確認に使うときは
メニューの「オプション」→「常に手前に表示」を有効にすると便利です。

余談ですが、
Windows は、「エクスプローラー」「ユーザー」などは語尾を伸ばすのに
「プロセッサ」は伸ばさない表記ですよね。
「-er」「-or」「-ar」で終わる英単語は語尾を伸ばすルールのようですが
プロセッサ(processor)は慣例によって例外みたいです。
ややこしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました