iPhone:古い機種の iCloudバックアップ を削除してみる

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

iPhone を「6」から「X」に機種変更したとき、iCloud に「6」のバックアップが残ったままになっていました。

問題が出ると面倒なのでそのまま放置していましたが、iCloud の容量を 約560MB も使い続けています。無駄のような気がして仕方ないので削除してみることにします。

スポンサーリンク

古いiPhone のバックアップを削除する

機種変更前の古いiPhone のバックアップを削除しても、現在使用中のiPhone からデータが削除されることはありません。(少なくとも自分が試した時はそうでしたが、実行は自己責任でお願いします)

  1. 「設定」をタップ。
    設定
  2. 自分の「Apple ID」アカウントをタップ。
    操作画面
  3. 「iCloud」をタップ。
    操作画面
  4. 「ストレージを管理」をタップ。
    操作画面
  5. 「バックアップ」をタップ。
    操作画面
  6. 古いiPhone をタップ。
    (「このiPhone」と付いているのは 現在操作中のiPhone)
    操作画面
  7. 前回のバックアップは2017/11/10。古いデータなので必要なさそう。
    操作画面
  8. 「バックアップを削除」をタップ。
    操作画面
  9. 「オフにして削除」をタップ。
    操作画面
  10. 古いiPhone のバックアップが消え、現在のiPhone だけになりました。
    操作画面
  11. 削除によって iCloud の使用済みが 3GB から 2.4GB に減りました。
    操作画面

この操作後も、現在使用中のiPhone のデータには何の影響も出ていません。基本的に、古いiPhone の iCloudバックアップ は削除して問題なさそうです。

iCloud の容量が残り少ない時は、買い足す前に、使っていない 古いiPhone のバックアップを削除すと良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました