スポンサーリンク

Apple Software Update が自動表示されないようにする

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

iTunes などのアプリをインストールすると
時々、自動で表示される「Apple Software Update」。

Apple 関連アプリのアップデートを管理するアプリですが
アプリを使うときに手動でアップデートするから
そこまで徹底してくれなくていいというのが正直な感想。

「Apple Software Update」が自動表示されないようにしてみます。

スポンサーリンク

アップデートを確認しないようにする

  1. 「Windows(スタート)」ボタンから、「Apple Software Update」を起動します。
    操作画面
  2. Apple Software Update が開きました。
    操作画面
  3. メニューの「編集」→「設定」と進みます。
    操作画面
  4. 「スケジュール」タブを開いて、更新確認の間隔を「設定しない」に変更。
    「OK」をクリックします。
    操作画面
  5. 「ユーザー アカウント制御」が表示されたら、「はい」をクリック。
    操作画面

これで、Apple Sofeware Update が自動表示されることはありません。
今後は、iTunes 等のアップデートは手動で行いましょう。

「Apple Sofeware Update」自体を消したい人

通常は、ここまでしなくていいと思いますが
存在すること自体が嫌だという人は、プログラムを削除してしまいましょう。
(Apple Sofeware Update が無くても、iTunes 等のアップデートは可能)

  1. コントロールパネルを開いて、「プログラムの安心ストール」をクリック。
    Windows10 プログラムのアンインストール
  2. 「Apple Software Update」をクリック。
    操作画面
  3. アンインストールの確認ダイアログが出たら、「はい」をクリック。
    操作画面

コメント

タイトルとURLをコピーしました