「Windows+X」キーのPowerShell⇔コマンドプロンプト切り替え

この記事は約1分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

今回は、「Windows + X」キー または 「Windows」ボタン上で右クリック で
呼び出せる「クイックリンク」。

ここには、「シェル」のリンクもあり
通常は、「Windows PowerShell」が表示されていますが
「コマンドプロンプト」に切り替えることも可能です。

スポンサーリンク

操作手順

  1. 現在、クイックリンクにあるのは「Windows PowerShell」です。
    「コマンド プロンプト」に切り替えてみましょう。
    操作画面
  2. 「Windows + I」キーで「設定」を開き、「個人用設定」をクリック。
    操作画面
  3. 「タスク バー」をクリック。
    操作画面
  4. 「(省略)~コマンド プロンプトを Windows PowerShell に置き換える」の
    スイッチのオン/オフを切り替えます。
    操作画面
  5. 「コマンド プロンプト」になりました。
    操作画面

元々、クイックリンクには「コマンドプロンプト」が表示されていましたが
Windows10 のアップデート(Creators Update)を適用すると
自動で Windows PowerShell に切り替わります。
(適用後も、コマンドプロンプトのままのこともありますが)

自分がよく使う方のシェルを表示させておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました