スポンサーリンク

ほぼ使わない「Caps」キーを便利キーに生まれ変わらせる

この記事は約2分で読めます。

写真

こんにちは、さち です。

キーボードにある「Caps」キー。
主に、IME の入力モードを「全角英数」にする時に使うキーです。
(アルファベットを常時大文字入力する時にも使いますが)

ただ、アルファベットの入力はほとんどの場合半角ですし
たまに全角を使い時は「変換」をすれば間に合うので
正直、「Caps」キーを使った記憶がありません。

キーのサイズが大きい上に、左小指で押しやすい好配置。
使わずに放置しておくのはもったいないキーです。

普段、「F10」キーの半角英数変換をよく使うので
この機能を「Caps」キーに割り当てて、便利キーに生まれ変わらせてみます。

スポンサーリンク

Google日本語入力 で「Caps」キーの設定を変更

普段、Google日本語入力 を使っているので
この IME の設定から「Caps」キーの機能を変更してみます。
(「Microsoft IME」での手順は次項で解説しています)

  1. タスクバー右側にある、Google日本語入力 の「入力モード」表示を右クリック。
    操作画面
  2. 「プロパティ」をクリック。
    操作画面
  3. 「キー設定の選択」の「編集」をクリック。
    操作画面
  4. 「Eisu」の「変換前入力中」「変換中」を「半角英数に変換」にします。
    (該当項目がない場合、「右クリック」→「エントリーを追加」)
    「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。
    操作画面
  5. 日本語入力「オン」の状態で入力しましたが、ここで「Caps」キーを押せば
    操作画面
  6. 「半角英数」に変換されます。「F10」キーと同じ効果ですね。
    操作画面

Microsoft IME で「Caps」キーの設定を変更

Microsoft IME を使っている人もいると思うので
一応、こちらでの操作手順も書いておきます。

  1. タスクバー右側にある、Microsoft IME の「入力モード」表示を右クリック。
    操作画面
  2. 「プロパティ」をクリック。
    操作画面
  3. 「詳細設定」をクリック。
    操作画面
  4. 「キー設定」の「変更」をクリック。
    操作画面
  5. 「英数」の「入力文字のみ」「候補一覧表示中」「文節長変更中」を
    「半角英数」にします。
    「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。
    操作画面

もちろん、「Caps」キーには他の機能も割り当てられます。
よく使う機能を割り当てて、キーボード入力を省力化してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました