スポンサーリンク

Sublime Text 3:ファイルを保存するとエラーが出る

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

先日、「Sublime Text 3」でファイルを保存しようとしたら
エラーが出てしまいました。

しかも、エラーの表示は英語。
私は英語が苦手なので、これは中々厳しい状況です……。

スポンサーリンク

原因は「GBK」という文字コード

実際に出たエラーは下のようなもの。
「エンコードできない文字があるので GBK に変換できない」ということのようです。
操作画面

「GBK」って何? と思い、調べてみると……

GBK は、中華人民共和国で使われている簡体字用の文字コード GB 2312 の拡張である。

wikipedia より引用

え、中国語?
日本語の HTML を 中国語の文字コードに変換しようとしているので
失敗するのは当然です。

よく見ると、ウィンドウの左下にも「GBK」と表示されていました。
でも、何でこんなことに……?
操作画面

実は、ファイルの文字コードを GBK にするショートカットがあり
それが、「Ctrl + Shift + C」キーだったのです。
(パッケージ「ConvertToUTF8」導入している場合)
操作画面

先日、導入したパッケージ「ColorPicker」
「Ctrl + Shift + C」キーでカラーピッカーを起動します。
しかし、初期設定ではこのショートカットキーが機能しませんでした。
(今思えば、原因はショートカットキーの競合だったんですね)

あれれ~変だな~、カラーピッカーが出ないぞ~? と思い
「Ctrl + Shift + C」キーを連打していたので
その結果、自覚なく文字コード変換を GBK にしてしまったようです。

解決方法

下記手順は、パッケージ「Japanize」によって
Sublime Text 3 のメニューを日本語化している時のものです。
英語のまま使用している場合は、適宜読み替えて下さい。

  1. メニューの「ファイル」→「Set File Encoding to」と進みます。
    操作画面
  2. 「UTF-8」をクリック。
    操作画面
  3. ウィンドウ左下の文字コード表示も「UTF-8」になりました。
    これで、ファイルの保存時にエラーが出ることはありません。
    操作画面

なぜ、GBK だけにショートカットキーがあるのかは謎ですが
エラーの原因が分かってよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました