スポンサーリンク

エクセル:エラー「多すぎる引数が入力されています」の解決法

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

先日、Excel(エクセル)を使っていると
「多すぎる引数が入力されています」というエラーが出てしまい
セルの編集を終了できず、抜け出せなくなりました。

エラーがの全文は下記のとおり。

この関数に対して、多すぎる 引数が入力されています。
この関数のヘルプを表示するには、[OK] をクリックし、このメッセージを閉じます。この後、数式バーの左側にある [関数の挿入] ボタンをクリックしてください。

このエラーから抜け出す手順についてメモしておきます。

スポンサーリンク

解決手順

  1. エラーダイアログを閉じます。
    操作画面
  2. 入力バーの左横にある「関数の挿入」アイコンをクリック。
    操作画面
  3. 項目名がない欄の内容を削除。
    「OK」をクリックします。
    操作画面
  4. エラーが解消され、数式の入力を完了できました。
    操作画面

「引数(ひきすう)」とは何なのか?

エラーの意味を理解したい向けの解説です。
エラーさえ解消すれば良いという人は読まなくて大丈夫です。

「引数」という謎ワードのせいでエラーの意味が分からない。
そういう人もいると思います。
「引数」とは何なのかを見ていきましょう。

  1. 「引数(ひきすう)」とは、関数に渡す値のことです。
    「引数」はコンマで区切ることで複数渡すことができます。
    例えば、下記ような「IF」関数は3つの引数を渡しています。
    イメージ
  2. エラーが出た「IF」関数を確認してみると、引数が4つあります。
    しかし、「IF」関数は引数を3つまでしか受け取れません。
    だから、「多すぎる引数が入力されています」というエラーが出たわけです。
    「引数が多すぎる」=「コンマが多すぎる」と思っても良いかもしれませんね。
    操作画面
  3. 通常、「引数」にカーソルを合わせると、ツールチップの該当部分が太字になります。
    (例では、"NG" が [偽の場合] の引数であることが分かる)
    操作画面
  4. 最後の引数はどこも太字になりません。余分な引数だからです。
    操作画面
  5. 余分な引数とコンマを削除します。
    操作画面
  6. これで、エラーは解消です。
    操作画面

余分な引数やコンマを人力で探すのは大変なので
前項のように「関数の挿入」を使った方が良いと思います。

例のような、単純ミスはしないと思いますが
関数のネスト(関数の中に関数がある状態)で複雑になると
このエラーに遭遇しやすくなります。注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました