スポンサーリンク

Affinity Photo: レイヤーをクリッピングをする方法

この記事は約2分で読めます。

操作画面

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo。低価格なのに多機能で、コスパに優れた画像編集アプリです。

先日、この Affinity Photo をいじっていて気づきました。「クリッピング」という言葉がメニューなどに見当たらないのです。えっ、もしかしてクリッピングできないの!?

と思ったら、クリッピングをする方法自体はちゃんとありました。(メニュー等に該当する言葉がないだけ)

レイヤーパネルで行う操作なんですが、理解していないと分かりにくいところなのでメモしておきます。

この記事の内容は、「Designer」「Publisher」でも使用できます

スポンサーリンク

レイヤーを「クリッピング」をする

  1. このようなキャンバスがあります。
    操作画面
  2. レイヤー構造はこんな感じ。「楕円」を「長方形」でクリッピングしてみましょう。
    操作画面
  3. 「楕円」をドラッグして、「長方形」レイヤーの下端中央あたりに移動。「長方形」の右下に青い枠が出るところで離します。
    操作画面
  4. クリッピングされました。
    操作画面
  5. キャンバスはこんな感じ。「楕円」が「長方形」でクリッピングされています。
    操作画面

「楕円」全体を切り取って、「長方形」レイヤーの「内側に貼り付け」ても同じことができます。
操作画面

ちなみに、この機能の正式名称は「レイヤークリッピング」です。

レイヤーを「マスク」する

レイヤーを使った「マスク」も近い手順でできるので書いておきます。(知らずに誤爆すると焦ると思うので……)

  1. このようなキャンバスがあります。
    操作画面
  2. レイヤー構造はこんな感じ。「長方形」を「楕円」でマスクしてみましょう。
    操作画面
  3. 「楕円」をドラッグして、「長方形」レイヤーのサムネイル上に移動。「長方形」のサムネイルの右端に青い枠が出るところで離します。
    操作画面
  4. マスクされました。
    操作画面
  5. キャンバスはこんな感じ。「長方形」が「楕円」でマスクされています。
    操作画面

「楕円」レイヤー上で「右クリック」→「下のレイヤにマスクを使用」としても同じことができます。
操作画面

ちなみに、この機能の正式名称は「レイヤーマスキング」です。

レイヤーの移動時に誤爆しないコツ

操作画面

レイヤーの順番を移動するときに、前述の「クリッピング」や「マスク」を誤爆することがあると思います。

その場合は、上図のようにカーソルをサムネイルの左側に持っていけば、レイヤーの移動以外機能しません。
移動先の青い枠が(親レイヤーの)横幅いっぱいに広がるのが目印です。

Affinity に関する他の記事

Affinity
「Affinity」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました