スポンサーリンク

Affinity Photo:シェイプ(図形)を合成して自由に変形する

この記事は約3分で読めます。

Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果

こんにちは、さち です。

Photoshop の代替として優秀な Affinity Photo

このアプリでは、シェイプ(図形)の合成ができる
「ジオメトリ」という機能があります。

少し分かりにくい機能なので
実際に試して勉強してみようと思います。

スポンサーリンク

キャバンスを用意する

「ジオメトリ」の効果を試すために、下記のようなキャンバスを準備します。

  1. キャンバスに「長方形」のシェイプ(図形)を作成。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  2. さらに、「楕円」のシェイプ(図形)を追加。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  3. 「レイヤー」の構造はこんな感じ。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果

このキャンバスを使って
「ジオメトリ」の5つの効果、「追加」「除外」「交差」「分割」「合成」を試してみます。

「追加」の効果

  1. キャンバスはこんな感じ。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  2. 「楕円」と「長方形」、2つのレイヤーを選択。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  3. メニューの「レイヤ」→「ジオメトリ」→「追加」と進みます。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  4. 「長方形」と「楕円」が合体しました。
    「長方形」に「楕円」を追加した状態ですね。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  5. 「ジオメトリ」を適用したシェイプ(図形)はカーブ(ベクター)に変換されるので
    「ノードツール」を使うことで自由に変形できます。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果

「除外」の効果

  1. キャンバスはこんな感じ。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  2. 「楕円」と「長方形」、2つのレイヤーを選択。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  3. メニューの「レイヤ」→「ジオメトリ」→「除外」と進みます。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  4. 「長方形」から「楕円」の形が切り取られました。
    「長方形」から「楕円」を除外した状態ですね。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果

「交差」の効果

  1. キャンバスはこんな感じ。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  2. 「楕円」と「長方形」、2つのレイヤーを選択。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  3. メニューの「レイヤ」→「ジオメトリ」→「交差」と進みます。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  4. 「長方形」と「楕円」が重なっている部分が切り出されました。
    「長方形」と「楕円」が交差していた部分を取り出した状態ですね。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果

「分割」の効果

  1. キャンバスはこんな感じ。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  2. 「楕円」と「長方形」、2つのレイヤーを選択。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  3. メニューの「レイヤ」→「ジオメトリ」→「分割」と進みます。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  4. 見た目では、何が変わったのか分かりにくいですね。
    もう少し詳しく見てみましょう。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  5. 「レイヤー」を見ると、シェイプ(図形)が複数に切り分けられています。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  6. 切り分けられたものを確認してみましょう。
    1つ目は、「長方形」から「楕円」が切り取られた形のカーブ(ベクター)。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  7. 2つ目は、「楕円」から「長方形」が切り取られた形のカーブ(ベクター)。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  8. 3つ目は、「長方形」と「楕円」の重なっている部分を切り出したカーブ(ベクター)。
    「長方形」「楕円」の境界線でぞれぞれを分割した状態ですね。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果

「合成」の効果

  1. キャンバスはこんな感じ。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  2. 「楕円」と「長方形」、2つのレイヤーを選択。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  3. メニューの「レイヤ」→「ジオメトリ」→「合成」と進みます。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果
  4. 「長方形」に「楕円」を合体後、重なっている部分を切り取った形。
    ジオメトリの「追加」と「除外」を合成したような状態ですね。
    Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果

「ジオメトリ」をよく使うのであれば
「ツールバー」のカスタマイズからボタンを追加しておいた方が楽です。
左から、「追加」「除外」「交差」「分割」「合成」です。分かりやすいアイコンですね。
Affinity Photo ジオメトリ 追加 除外 交差 分割 合成 効果

ちなみに、「ジオメトリ」は「画像」レイヤーにも適用できますが
レイヤーの内容が消えてしまうので使う機会はほぼないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました