iPhone:壊れた充電ケーブル(Lightning)を無償交換してもらった

この記事は約5分で読めます。

iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償

こんにちは、さち です。

先日、iPhoneX のバッテリーを交換してもらいました。

その後、充電等に使う「Lightningケーブル」も壊れていることを思い出し
この際だから、ケーブルも交換してもらうことにしました。
(ケーブルの使用はできるが、被膜が破れているので危険)

条件さえ満たせば、ケーブルは無償交換してくれるので
早速、申し込んでみます。

スポンサーリンク

Lightningケーブル の無償交換の条件

ケーブルを無償交換を受けるには、次の条件を満たす必要があります。

  • iPhone が保証期間内である
  • Apple純正品 である
  • 故障が通常使用の範囲内である

最初の2つは当然として、問題は最後の項目です。
Apple として、通常使用の範囲外とみなすのは
ケーブルが真っ二つに切断しているなど破損がひどい場合のようです。

ケーブルの被膜が破れている
被膜に損傷はないがケーブル内部が破損している
Lightning端子 の接触が悪い
など、よくある破損は無償交換できそうですね。

iPhone の保証期間を調べてみる

Lightningケーブル は iPhone の付属品ということで
iPhone が保証期間内でないと、ケーブルの無償交換はできません。

iPhone の購入日を覚えてないことが多いと思うので
まずは、iPhone が保証期間内かどうかを調べましょう。
iPhone を使って確認してみます。

  1. まずは、保証期間を調べたい iPhone のシリアル番号をコピーします。
    「設定」アプリを開く→「一般」→「情報」と進みます。
    「シリアル番号」を長押し(ホールド)して、「コピー」をタップ。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  2. 保証状況の確認のページを開いて、「シリアル番号」を貼り付けます。
    書かれているコードを入力して、「続ける」をタップします。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  3. 緑のチェックが付き、「修理/サービス保証:有効」となっていれば保証期間内です。
    (Apple Care+ による延長保証も利用可能だと思います)
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償

巷では、Lightningケーブル のシリアル番号から出荷時期を調べ
対象の iPhone と異なると無償交換してくれないという噂も聞きます。

純正の Lightningケーブル を複数持っていると
iPhone に付属していたものがどれか分からなくなるので
この話が事実なら心配です。

そこで、Apple 公式サポートに尋ねてみたところ
無償交換の条件は前述の3つだと回答をもらいました。
(「配送修理」の場合なので、他の方法修理では異なる可能性あり)

つまり、仮に保証対象の iPhone に付属していたものでない場合でも
Apple純正 の Lightningケーブル であれば問題ありません。
これで、安心してケーブルを交換に出せます。

ケーブルの無償交換を申し込む

  1. iPhone の保証期間を調べたページ(前項の続き)から、「修理サービスを申し込む」をタップ。
    (ページを開いてない場合は、Appleサポート を開き、「iPhone」をタップ)
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  2. 「修理と物理的な損傷」をタップ。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  3. 「ヘッドフォン、ケーブル、または USB アダプタの交換」をタップ。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  4. 今回は、「配送修理」を選びます(送料はかからない)。
    先ほどの、無償交換の条件は「配送修理」の場合です。
    他の方法による修理では条件が異なる可能性があるので注意。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  5. 「ケーブル」を選択。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  6. 1M Lightning - USBケーブル」を選択し、「続ける」をタップ。
    iPhone の付属品は長さが「1m」なのに、なぜか先に「2m」があり完全にトラップです。
    「2m」を選ぶと有料になってしまうという話もありますが
    誤って「2m」を選んだが請求はなかったという話もあるので真偽は不明です。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  7. 配送に必要な個人情報を入力して、「続ける」をタップ。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  8. 「最終見積」に料金が載っているので、無償交換でないのかと心配になりますが
    これは、壊れたケーブルを Apple へ送らなかった場合に請求されるものです。
    交換手順をちゃんと行えば0円なので大丈夫です。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  9. 壊れたケーブルを Apple に送らなかった場合の「支払い方法」を選びます。
    クレジットカード情報の記入が面倒なので、今回は「代金引換払い」を選びます。
    交換手順をちゃんと行えば0円です(大事なことなので2回目)。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  10. 規約に同意して、「送信」をタップ。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  11. リクエスト内容の詳細が表示されます。これで申し込み完了です。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  12. 申込み後の手順に従って、交換作業を進めましょう。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償

 

先に、新品のケーブルが届く

  1. 申し込み後、「新品のケーブル」が宅配便で届きます。
    (早ければ、申し込んで1~2日程度で届く)
    「代金引換払い」を選んでいても、この時に支払いはありませんでした。
    イラスト イメージ 宅配
  2. その場で、宅配便の中身を取り出して「新品のケーブル」を受け取ります。
    中身を取り出した箱に、「壊れたケーブル」を入れ替えて宅配業者に渡します。
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償
  3. 自分から Apple へ送り返す時の「配送伝票」は必ずもらいましょう。
    送り返した証明になりますし、荷物追跡(Apple に届いたかの確認)で必要です。
    宅配業者(協力会社)によっては、「配送伝票」を持ってないこともあります。
    その場合、Apple の交換品であることを伝え、改めて集荷を依頼しましょう。
    イラスト イメージ 宅配
  4. 宅配業者が、「壊れたケーブル」を Apple に届けてくれます。
    (配送先の「ADSC支店」は、Apple Delivery Support Center の略)
    イラスト イメージ 宅配
  5. Apple から「受領のお知らせ」メールが届けば、交換作業はすべて完了です。
    (メールに記載されている「修理状況」リンクからも確認が可能)
    iPhone Lightning 充電 ケーブル 交換 無償

通常、Apple からの受領メールは配送完了後2~3日程度で届きます。

場合によっては、受領の確認に時間がかかることもあるようですが
その場合でも、壊れたケーブルの配送が完了していれば
10日以上経っても料金が請求されることはありません。
(宅配便の荷物追跡で Apple に到着していればOK)

充電ケーブル(Lightning)が壊れてしまった時は
新しいケーブルを買う前に iPhone が保証期間を調べてみましょう。
無償交換してもらえるかもしれませんよ。

コメント

  1. ケーブル交換について より:

    サポートに店頭にに誘導されて行くと被膜の破損がある場合は有償交換ですとはっきり言われました。

    • うみの さち うみの さち より:

      記事の内容は当時サポートセンターに聞いたものなので、対応が変わったのでしょうか? 店頭と郵送では対応が異なる場合もあると聞いたのでその可能性もありますが、現在のサポートセンターの回答が店頭と同じなら、経験上Lightningケーブルで一番破損しやすいのは被膜ですし、無償交換の廃止と同然ですね。当時のサポートは素晴らしかったのに非常に残念です。

タイトルとURLをコピーしました